↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

無料プランのLINE公式アカウントは何ができる?【機能についてわかりやすく解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

2019年4月18日から、最新版のLINE公式アカウントを、無料で作成できるようになったらしいね!

うん!LINE@(ラインアット)の時代は終わって、新しい時代を迎えることになるね

この無料のLINE公式アカウントは、これから日本を盛り上げるよ。

おお、なんかすごそう

すごいなんてもんじゃないさ。
LINE公式アカウントは、令和時代を代表する強力な集客ツールになる。

そんなに?笑

新しいLINE公式アカウントって、無料でどんなことができるの?

そんなにすごいなら、LINE公式アカウントの機能について、詳しく教えてほしいです!

任せて!なるべくわかりやすく解説する!

 

無料で何ができる?【フリープランのLINE公式アカウントの機能について】

プラン名 フリー ライト スタンダード
初期費用 無料 無料 無料
月額料金 無料 5,000円 15,000円
一斉送信 1,000通まで 15,000通まで 45,000通まで
追加費用 不可 1通:5円 1通:~3円

 

どうも、愛犬家のJIN(@linew)です。🐩

 

最新版のLINE公式アカウントには
無料プランと有料プランがあります。

 

たとえ無料プランだとしても
LINE公式アカウントの機能は
以下のようにとても豊富です。

LINE公式アカウントの機能
  • チャット(1対1トーク)
  • メッセージ配信(一斉送信メッセージ)
  • 自動応答メッセージ
  • キーワード応答メッセージ
  • あいさつメッセージ(友達追加時のあいさつ)
  • ホーム(タイムライン)投稿
  • クーポン機能
  • ショップカード機能
  • 分析機能(統計情報)
  • リサーチ機能
  • リッチメニュー
  • リッチメッセージ
  • リッチビデオメッセージ
  • カードタイプメッセージ

 

【注意点】以下の5つの機能は
スマホアプリ版では利用できないので
必ずWeb版からログインしてください。

  1. リサーチ機能
  2. リッチメニュー
  3. リッチメッセージ
  4. リッチビデオメッセージ
  5. カードタイプメッセージ

 

チャット(1対1トーク)

公式LINEのチャット機能

 

新しいLINE公式アカウントでは、「タグ」をつけることができ、管理がしやすくなりました

 

LINE公式アカウントのチャットとは
1対1でLINEのトークができる機能です・

普段使用しているLINEのように
相手対して、個別で
メッセージを送ることができます。

え!LINE公式アカウントって、全部自動じゃないんだね!

「LINE公式アカウント=自動」という
イメージをもつ方も多いかもしれません。

しかし、LINE公式アカウントでも
普通のLINEのように個別で、そして
手動でメッセージを送ることができます。

 

メッセージ配信(一斉送信メッセージ)

公式LINEのメッセージ配信

 

公式LINEのメッセージ配信とは
友達追加してくれている人に対して
まとめて同じメッセージを送る機能です。

「一斉送信メッセージ」
とよばれることも多いです。

 

自動応答メッセージ

自動応答メッセージ

公式LINEの自動応答メッセージとは
相手から受け取ったメッセージに対し
自動で返信メッセージを送る機能です。

 

キーワード応答メッセージ

キーワード応答メッセージとは
事前にキーワードを設定しておき
相手からのメッセージの内容が
そのキーワードと完全一致した場合に
自動で返信メッセージを送る機能です。

 

あいさつメッセージ(友達追加時のあいさつ)

あいさつメッセージ

「あいさつメッセージ」とは
友達追加してくれた人に対して
自動でメッセージを送る機能です。

 

新しいLINE公式アカウントでは、「友達名の自動表示」ができるようになりました

友達の表示名

 

タイムライン投稿

公式LINEのタイムライン

 

公式LINEのタイムライン投稿とは
LINE公式アカウントのタイムラインに
文章や画像などを投稿できる機能です。

このタイムライン投稿を活用することで
公式LINEを友達追加している人の
個人LINEのタイムラインの場所にも
投稿を表示することが可能となります。

 

クーポン機能

公式LINEのクーポン機能

 

公式LINEのクーポン機能とは
公式LINEの管理画面上から
LINEクーポンを発行できる機能です。

 

ショップカード機能

公式LINEのショップカード機能

 

ショップカード機能とは
LINE公式アカウント上で
ポイントカードを作成して
運用することができる機能です。

 

分析(統計情報)

公式LINEの分析機能

 

「分析」を確認することで
友達追加された数の統計や
ブロックされた数の統計などを
様々な期間別で分析することができます。

そのほかにも
タイムライン投稿に対する反応を
1つ1つの投稿ごと確認できたり
クーポンやショップカードの情報も
まとめて確認することができます。

 

リッチメニュー

リッチメニューとは
LINEトーク画面の下に
表示ができるメニューです。

LINE@ではショップカード機能専用で
リッチメニューのテンプレートがありました。
※公式LINEアカウントではそれがないため
オリジナルで1から作成する必要があります。

 

リサーチ機能【2019年6月13日リリース】

LINE公式アカウントのリサーチ機能のボタン

LINE公式アカウントのリサーチ機能は
2019年6月13日に新しく登場しました。

この公式LINEのリサーチ機能を活用することで
アンケートや投票などをLINE上で行うことができます。

あなたの公式LINEに登録してくれているお客さんの意見や、考えていることなどを把握することができます♬

 

カードタイプメッセージ【2019年10月16日リリース】

カードタイプメッセージは
リッチメッセージよりも使いやすく
あらゆる場面で大活躍をしてくれる
カード形式のメッセージとなります。

これ、かなりすごいです(*^^*)

 

 

LINE公式アカウントの機能をさらに細かく解説(すべて無料で利用可能)

最新版のLINE公式アカウントについて
無料で使える機能をささっと紹介しました。

先ほど紹介した機能を使う際に
知っておくとものすごく便利で
集客効果を高める機能があります。

  • 友達名を自動表示
  • 友達属性表示機能
  • セグメント配信機能

 

友達名を自動表示

友達の表示名

友達追加してくれた方の
LINE名を自動で表示することができます。

友達追加時のあいさつの時だけでなく
キーワード応答メッセージなどの
自動応答メッセージでもこの機能を
無料で利用することができます。

一斉送信メッセージについては
この機能を利用することはできません。

 

 

友達属性表示機能

友達属性

友達属性表示機能とは
友達追加してくれている人の
属性(性別、年齢、地域)を確認できる機能です。

友達属性表示機能を利用するためには
ターゲットリーチ数が20人以上必要となります。

 

セグメント配信機能

セグメント配信機能とは
一斉送信メッセージを送る際に
すべての人に送るのではなく
属性別に送ることができる機能です。

つまり、
年齢や性別でターゲット層を絞って
一斉送信メッセージを送ることができます。

このセグメント配信機能を活用することで
たとえ無料プランのままでも、
集客効果を大幅に高めることが可能です。

セグメント配信機能を利用するためには
ターゲットリーチ数が100人以上必要となります。

 

 

最後に

LINE公式アカウントの機能について
無料で利用できる部分だけを
簡単にささっと紹介していきました。

 

この情報が少しでも、あなたのお役に立てばうれしいです

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」 , 2019 All Rights Reserved.