↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

【初心者向け】LINE公式アカウントの「応答モード」の設定方法や使い方

WRITER
 
自動応答モードなんです
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、愛犬家のJIN(@linew)です。🐩

 

最新版のLINE公式アカウントを作成してみたものの、使い方がまだよくわからない。不安です…」

という方も多いのではないでしょうか。

 

その不安にさよならするために
まずLINE公式アカウントの中の
応答モードの設定方法や使い方を
しっかりと把握してみてください。

 

※応答モードは無料で利用可能です。

 

応答モードの設定を切り替えることにより
手動メッセージ(LINEチャット)だけでなく
自動応答メッセージも送れるようになります。

 

この自動応答機能を利用できる点は
普段の生活で使用している個人LINEと
LINE公式アカウントの大きな違いです。

 

 

あなたにもあるかと思います。

企業や有名人の公式アカウントに
LINEでメッセージを送った瞬間、
自動で返事が返ってきた経験。

 

そうです。
そういったことが
あなたの公式LINEでも
簡単にできてしまいます。

しかも、無料で。

 

この記事では、初心者の方向けに
LINE公式アカウントの「応答モード」の
設定方法や使い方について解説していきます。

 

 

【最新情報追記!】
LINE@の寿命が延びました。

■強制サービス移行期間
2019年8月19日~9月30日
2020年1月14日~2月28日

 

最新版のLINE公式の機能について
最新情報を画面キャプチャ付きで更新中

 

LINE公式アカウントの「応答モード」の設定方法

LINE公式アカウントのホームの設定

公式アカウントのホーム🏠内で
設定のボタンを押すと
以下のメニューが表示されます。

  • アカウント
  • 権限
  • 応答
  • タイムライン
  • アプリについて
  • ヘルプ

公式LINEの応答設定

この中の「応答」を選択して
応答モード」を選択すると
以下の2つの選択肢が表示されます。

 

  • Bot
  • チャット

 

LINE公式アカウント初心者の方は
この2つの全体像を把握することで
使い方のイメージを具体化できます。

 

イメージが鮮明になればなるほど
未来への心配達は次々といなくなる。

以下でわかりやすく解説していきます。

Bot(ボット)とは?【LINE公式アカウントの応答モード】

公式LINEの応答モードのbot

[Bot]を選択すると、自動応答やMessaging APIを利用したメッセージ配信はできますが、チャットができなくなります。

 

応答モードでBot(ボット)を選択すると
自動応答メッセージ」で設定した内容を
相手に自動でLINE送信できるようになります。

 

 

公式アカウントに登録してくれた相手が
トーク内でLINEを送ってくれた場合に
あらかじめ設定したLINEメッセージ
自動で返信することが可能ということです。

 

※自動応答メッセージを設定しなくても
最初からDefault(デフォルト)で
以下のようなテキストが設定されています。

メッセージありがとうございます
申し訳ございませんが、このアカウントから個別に返信することはできません
次回の配信をお楽しみに

LINE公式の自動応答のデフォルトメッセージ

 

 

ただし、このままだと
まったく心に届きません。

応答モードのBotを活用する場合は
事前にこの「自動応答メッセージ」を
あなたの言葉で設定するようにしましょう。

 

※もしも、キーワード応答メッセージ
スケジュール(時間指定)を何も設定せずに
自動応答メッセージを複数登録した場合は
基本的にランダムで相手に返信されます。

 

キーワード応答メッセージってなに?

LINE@のキーワード応答メッセージ

この機能は面白いです。

LINE公式アカウントのトーク画面で
相手が「キーワード」を送った瞬間に
あらかじめ作成し設定したコンテンツを
自動でその相手へ送ることができます。

自動送信できるコンテンツは、
以下の8つのコンテンツです。

  1. テキスト
  2. スタンプ
  3. 写真
  4. クーポン
  5. リッチメッセージ
  6. リッチビデオメッセージ
  7. 動画
  8. ボイスメッセージ

 

こちらの記事で、キーワード応答モードの使い方や活用方法などを詳しく紹介しています♬

 

「Messaging API」ってなに??

公式LINEの応答モードのbot

[Bot]を選択すると、自動応答やMessaging APIを利用したメッセージ配信はできますが、チャットができなくなります。

 

Messaging API(メッセージング エーピーアイ)とは
LINE公式アカウントの基本機能とは別で
様々な機能を追加する時に必要なAPIです。

例えば、ステップLINE配信を送る機能や
友だち追加者の確認(友達一覧表示)などは
このMessaging APIを利用することで
機能を追加することができるようになります。

Messaging APIは上級者向けなので、最初の頃は無視しても問題ありません

 

チャットとは?【LINE公式アカウントの応答モード】

応答モードの「チャット」をオンにすると
自動でなく手動応答モードに切り替わり
普通のLINEみたいにメッセージのやり取りを
個別(1対1)で行うことができるようになります。

 

営業時間(1:1トーク対応可能時間)の設定方法

公式LINEの営業時間の設定

 

LINE@を利用していた方は注意です。

「1:1トーク対応可能時間」は
「営業時間」という表示に変わったので
設定しようと思った時に迷う人もいるかもです。

 

LINE公式アカウントの「営業時間」は
「チャット」がオンの場合のみ表示されます。

 

 

 

営業時間を設定することで
チャットモードとBot(自動応答)モードを
自動で切り替えることができます。

 

お店の営業時間によって
切り替えるのもいいですし
あえて夜だけチャットモードに
切り替えるのもいいと思います。

ターゲット層の生活リズムに合わせ
対応時間を限定したり調整することは
集客において有効に働く場合が多いです。

 

最後に

LINE@の応答モード

LINE公式アカウントの「応答モード」の
設定方法や使い方について解説しました。

 

公式アカウントの応答モードの使い方は
初心者の方でも慣れてしまえばとても簡単です。

慣れてからが、勝負の始まりなのです。

「メッセージ配信」の送信数には
料金プランごとに上限数がありますが
自動返信は無料で何回でも送れます。

 

チャット(1:1トーク)機能
無料で何回でも使用することができます。

 

あなたはこの「応答モード」を
どう切り替えて運用しますか?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」 , 2019 All Rights Reserved.