↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

LINE公式アカウントの「自動応答メッセージ」とは?設定方法や使い方を画像付きでわかりやすく解説

WRITER
 
自動応答メッセージ
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、愛犬家のJIN(@linew)です。🐩

 

LINE公式アカウントの友達数をふやして、たくさんの人を集めたい!

と考えているあなた!

 

最新版のLINE公式アカウント
自動応答メッセージを活用していますか?

自動応答メッセージ

 

 

公式LINEの「自動応答メッセージ」は
ホーム画面の設定内にある「応答モード」で
Botを選択してる場合にのみ利用可能です。

応答モードでBotを選択??

公式アカウントの応答モードには
以下の2つの機能項目があります。

公式LINEの応答モードのbot

  1. Bot(自動応答モード)
  2. チャット(1:1トークモード)

 

 

この記事では、LINE公式アカウントの
自動応答メッセージの設定方法や
使い方について
わかりやすく解説していきます。

 

 

この自動応答メッセージはLINEマーケティングを行う上でも、重要な位置に立つ偉大な機能です。

是非あなたも、自動応答メッセージの使い方をマスターしていってください♬

 

 

LINE公式アカウントの自動応答メッセージとは何か?無料?

自動応答メッセージ

LINE公式アカウントの自動応答メッセージは
友だち追加者から送られてきたLINEに対して
自動でメッセージを返信してくれる機能です。

 

自動応答メッセージについて

ユーザーからトークで話しかけられた際に、自動で送信されるメッセージを登録することができます。

キーワードをあらかじめ設定しておくと、それに基づいて自動で返信を行う「キーワード応答機能」もご活用可能です。

引用:LINE公式資料「自動応答機能」

 

自動応答メッセージはとても便利でイケてる機能ですが、完全無料で利用できます♬

 

公式LINEの自動応答メッセージは最大でいくつまで設定できるのか?

この自動応答メッセージって、いくつまで設定できるの?

 

結論からいいますと、
最大で1000件まで設定できます。

 

※最大1,000件まで登録が可能

引用:LINE公式資料「自動応答機能」

 

2つ以上メッセージを設定した場合、
どのメッセージが相手に送られるかは
基本的にランダムとなります。

 

公式LINEの自動応答メッセージはどういった時に使うのか?

ロボット

相手からLINEをもらった瞬間に
あらかじめ設定したメッセージを
自動で素早く送ることができるので
作業の効率化に大きく貢献します。

 

自動応答メッセージの使い方や活用方法は
業種や目的によって異なる場合が多いです。

 

活用方法は無限」といっても
まったく過言ではありません。

 

例えば、店舗経営者の場合は
営業時間内はチャットで対応して
営業時間外はBotに切り替え
自動対応をする流れが一般的です。

営業時間機能を活用することで
自動で応答モードの切り替えが可能

 

 

ビジネスの形や戦略が様々であるように
自動応答メッセージの活用法も様々です。

もちろん作業の効率化のためだけでなく
登録者を増やす際などにも活用できます。

 

LINE公式アカウントの自動応答メッセージの設定方法や使い方

自動応答メッセージ

ホーム画面の自動応答メッセージ
事前に設定して保存したメッセージが
自動で送信されるメッセージとなります。

設定できるメッセージの形式は
以下の8つから選ぶことが可能です。

  1. テキスト
  2. スタンプ
  3. 写真
  4. クーポン
  5. リッチメッセージ
  6. リッチビデオメッセージ
  7. 動画
  8. ボイスメッセージ

※1度に設定できるメッセージ数は5件

 

【LINE@の自動応答設定数】

LINE@の自動応答設定では
1度に最大1つまでしか
メッセージを設定できませんでした。
※しかも形式は「テキスト」のみ
LINE@の自動応答メッセージの上限

 

キーワード応答メッセージの場合は
1度に最大5つまで設定可能でした。

LINE@のキーワード応答メッセージの上限数

 

【画像付き】自動応答メッセージの設定手順

「自動応答メッセージ」を選択

「メッセージを作成」を選択

「+追加」を選択

コンテンツを選択

※上記8種類のコンテンツから選択可能

今回は「テキスト」を選択して次に進みます

コンテンツを作成後、「次へ」を選択

※コンテンツは合計5つまで設定可能。
なので4回分、「+追加」ができます。

 

先に進むと、以下のような画面が登場します。

自動応答メッセージ設定画面

 

  • タイトル
  • ステータス
  • スケジュール
  • キーワード

それぞれの内容について
わかりやすく解説していきます。

タイトル

タイトル

ここで入力するタイトルは
外部で公開されることはありません。

自動応答メッセージは
複数設定することが可能なので
あなたが管理をしやすいように
タイトルを設定してみましょう。

 

時間をかける所でありません。

わかりやすいタイトルであれば
OKなのでスパっと決めましょう。

 

ステータス

ステータス

BOT(自動応答)モードのときでも
このステータスをオフにすることで
自動送信を一時停止することができます。

下書き保存しておきたい場合などに
このステータスを活用すると便利です。

 

複数の自動応答メッセージを作成し、
それぞれのステータスを調整することで
メッセージを簡単に管理することができます。

 

スケジュール(旧:期間または時間指定)

スケジュール

スケジュールをオンにすると
期間(開始日と終了日)と
時間(開始時間と終了時間)を
詳細に設定できるようになります。

 

 

自動応答メッセージは基本的に
ランダムで相手に送信されます。

なのでどのメッセージを送るのか
こちら側で自由に指定できませんが
スケジュールを活用すると指定できます。

午前中はこのメッセージを自動で届くようにしておこう

土日はこのメッセージが自動で届くようにしよう

営業時間外はこのメッセージが送られるようにしておこう

などの様々なカスタマイズが可能です。

 

※私も、実験用で作成してみました。
LINE@「ツッコミします」のトーク画面

この公式LINE「ツッコミします」では
時間により返信する内容を変えています。

LINE公式アカウント「ツッコミします」
LINE@「ツッコミします」のプロフィール画面

友だち追加数

※10代向けに作成したので
言葉遣いがちょっと雑です。
不快な思いをさせたらすみません。笑

 

キーワード

キーワード

ここでキーワードをオンにすると
キーワード応答メッセージになります。

キーワードは1度に複数設定可能です。

 

スマホアプリから複数設定する場合
1つ1つ設定する流れになりますが
Web版からだとまとめて設定できるため
作業時間を大きく短縮することができます。
※Web版:LINE official account manager

 

 

 

LINE公式アカウントの自動応答メッセージが送れない理由

応答モードがbot(ボット)の状態の時のみ
自動でLINEの返信を行うことができます。

チャット(1:1トーク)モードの時には
この自動応答メッセージは機能しません。

応答モードでBot(ボット)を選択する手順

LINE公式アカウントのホーム(管理画面)内で
「設定」→「応答」→「応答モード」でBotを選択

公式LINEの応答モードのbot

 

Botモードなのに自動応答メッセージが送れない理由

Botモードなのに送れない理由
  • 応答設定の「自動応答」がONになっていない
  • 「ステータス」がオフになっている
  • 「スケジュール」の日時が対象外

応答設定の「自動応答」がONになっていない

 

「ステータス」がオフになっている

 

「スケジュール」の日時が対象外(過去か未来)

未来の地球

 

自動応答メッセージの中に顧客(友だち追加者)の名前を入れる方法

応答メッセージの中に顧客の名前を入れる方法を知りたいです。

LINE公式に登録してくれた方のLINE名を、自動で挿入することできますか?

 

 

最新版のLINE公式アカウントでは
友だち追加者のLINE名を自動挿入できます。

LINE@の頃は有料の機能でしたが
現在は誰でも無料で利用できます。

 

自動応答メッセージでテキストを選択し
「友だちの表示名」を選択するだけでOKです。

 

 

 

最後に

LINE公式アカウントを熱弁する赤ちゃん

 

LINE公式アカウントを活用する経営者は
自動応答メッセージを設定することで
作業時間を削減でき、事業に専念できます。

 

公式LINEの友だち数が増えてくると
自動応答メッセージを導入しなければ
あなたの時間が奪われるだけでなく
お客さんの満足度も下がるリスクがある。

 

工夫次第で様々な使い方ができるので
自動応答メッセージの使い方について
あなたなりのオリジナルアイデアを
じっくり練ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

LINEマーケティングについて、以下の記事でまとまっています

公式LINEを本気で活用したい方は、熟読して、実践してみてください♬

 

行列をつくるLINE公式アカウント(旧:ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】

 

 

 

2019年9月13日に
最新情報を追加しました

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」 , 2019 All Rights Reserved.