↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

なぜLINE@(ラインアット)は終わるのか?いつ無くなる?アカウントはどうなる?

WRITER
 
さようならはいわないぞ
この記事を書いている人 - WRITER -

え!LINE@(ラインアット)って終わるの?

 

なぜLINE@(ラインアット)は終わるのか?

黒い色のアットマーク

LINE@(ラインアット)
2015年2月から無料で利用可能となりました。

その無料開放をきっかけに
集客ツールとしてLINE@を利用する
個人事業主や中小企業経営者が急増。

 

現在だと知らない人も多いですが
LINEの公式アカウントには、
大きく分けて2つの種類がありました。

LINE公式アカウントの種類
  1. 個人、中小企業向けのLINE公式アカウント(LINE@)【初期費用が無料】
  2. 大企業向けのLINE公式アカウント【初期費用が有料(月額費用も最低250万円以上)】

ん?LINE@も、LINE公式アカウントなの?

うん、LINE@もLINEの公式アカウントだよ!

 

少しややこしいですが、LINEのメニューの「公式アカウント」の中に、LINE@のアカウントは昔から振り分けられていました。

LINE公式アカウントのメニューボタン

 

LINE@(ラインアット)が無くなる理由は
この2つの公式アカウントが統合され、
「新しいLINE公式アカウント」として
生まれ変わってこの世界に誕生するからです。

 

LINE公式アカウントが1つになり、
今までは有料だった便利な機能が
なんと無料で利用できるようになります。

 

まだあまり騒がれていませんが
セグメント配信
無料で利用できる点はとても大きいです。

 

この機能の無料開放により
フリーランス(個人事業主)や中小企業にとって
LINE公式アカウントはさらに強力な武器となります。

 

LINE@(ラインアット)を、最新のLINE公式アカウントへ移行する流れ

【2020年1月14日追記】
LINE@の強制移行手続きが開始されました。
そのため現在は手動で移行することができません。

2020年1月13日までの間であれば
LINE@から最新版の公式アカウント
自らの手で自由に移行することが可能です。
※強制移行は2020年1月14日から開始

引用:【新サービスへの移行について】

サービス統合は2019年春以降から、現在のLINE@アカウントは2019年春以降から所定の期間内に統合後の新サービスへの移行を行っていただきます。

新サービスへ移行を行わない限りは、現在のLINE@の機能・料金を継続して利用することが可能です。
サービス統合後直ちに新料金が適用されることはありませんのでご安心ください。

【LINE@の命日について】
※2019年12月23日に期間変更が発表されました。

変更前の期間:2020年1月14日から2月28日まで
変更後の期間:2020年1月14日以降順次

 

これまでご案内している期間:2020年1月14日~2月28日
変更後の期間:2020年1月14日以降順次

強制サービス移行は、ご利用中の料金プランによってスケジュールが異なります。
2020年2月1日時点で有料プランをご利用中のLINE@アカウントのみ2020年2月28日までに強制サービス移行を実施いたします。

引用:LINE社公式HP「LINE公式アカウントへの強制サービス移行について

 

強制サービス移行については
個別に事前通知等がないため
しっかりと把握しておきましょう。

参考資料:LINE@サービス統合および移行について(LINE公式資料)

 

 

ちなみに新しいLINE公式アカウントの機能は、
LINE@の機能と同じものがたくさんあります。

 

LINE公式アカウントの機能の例

 

 

 

 

 

最後に

こういった疑問の声は
これまでたくさんありましたが、
今後は少しずつ消えていくことになるでしょう。

 

LINE@(ラインアット)が無くなり
新しいLINE公式アカウントが誕生する。

そしてそのLINE公式アカウントは
活用の仕方を間違わなければ
驚くべき集客効果を発揮します。

 

※公式LINEの活用のヒントは、
以下の2つの機能に隠されています。

 

「LINE@の料金が高くなった。」
「LINE@はもう使えない。」

こういった悲鳴が響きわたる裏で
本当の実力者たちは歓喜している。

 

 

重要なのは、友達の数じゃないぜ

LINE@(ラインアット)はきっと最後に
このような遺言を残すことでしょう。

 

LINE集客の注意点まとめ

※有料級の情報のため、予告なく非公開にする可能性があります。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です