↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの使い方や活用方法などをわかりやすく解説

セグメント配信(絞り込み配信)とは何か?どんな機能?【LINE公式アカウントの無料ツールをわかりやすく簡単に】

WRITER
 
セグメントされた犬
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、愛犬家のJIN(@linew)です。🐩

 

フリープランのLINE公式アカウント運営者へ向けて
無料で活用できるツールをわかりやすく解説します。

今回は公式LINEの無料ツール「セグメント配信」についてです♬

 

 

懐かしき平成時代。

その時代にセグメント配信を利用する場合
最低でも月2万円以上の費用が必要でした。

え、高い。。

 

今を時めく令和時代。

そんな高額だった公式LINEのツールを
なんと無料で利用することができます。

 

LINE@と公式LINEが統合された流れで
このセグメント配信が無料で利用可能に。

 

これは、衝撃的なスーパーハッピーニュースです。

スーパーハッピーニュースって(笑)
陽気かよ(笑)

 

 

セグメント配信の使い方を知ることで
まるで高性能の翼を授かったかの如く
LINE集客の可能性は大きく広がります。

 

 

この記事では
LINE公式アカウントのセグメント配信について
注意点にも触れながらわかりやすく解説します📲

セグメント配信、気になってたので解説嬉しいです

ぼくも翼ほしい!

 

※LINE公式アカウントの無料ツールについて
全機能の概要をささっと紹介している記事はこちら

なぜLINEステップ配信ツール「オートSNS」は、プロ経営者たちに選ばれるのか?【評判が良い本当の理由】

公式LINEの無料ツール「セグメント配信」とは何か?どんな機能?

セグメント

まず、セグメント(segment)の意味は
日本語だと「区分する」という意味です。

 

ビジネスにおける「セグメント」とは
購入する人の属性(年齢や性別など)を
区分するときに使用される言葉です。

「分ける」って意味なのか~

「分ける」って英語、セパレートじゃなかったけ?
同じ意味?

セグメントとセパレートは似てるけど
だいたいこんな感じで意味が違うよ

  • セグメント(segment)
    =1つを複数に区分する
  • セパレート(separate)
    =1つを複数に分離する

なるほど!おかげでセグメントの意味もなんとなくわかった

 

LINE公式アカウントのセグメント配信とは
公式アカウントに友達追加してくれた人を
属性(年齢や性別など)ごとに区分して、
属性ごとにメッセージを送れるツールです。

つまり、一斉送信メッセージを送る際に
すべての人に向けてLINEするのではなく
1部の人だけに向けてLINEすることができます。

まじか。。それは便利かも

LINE@の頃は、友達数が増えると有料プランにするしかなかったけど、限定的にLINEが送れるなら無料プランでも色々活用できそう♬

 

公式LINEの無料ツール「セグメント配信」でできること

高性能の翼

LINE公式アカウントの運営者は
たとえフリープランであったとしても
セグメント配信を無料で利用できます。

 

公式LINEの無料ツールとして
セグメント配信を利用する際
以下の属性ごとに区分可能です。

  • 年齢
  • 性別
  • 地域
  • OS (IOS、androidなど)
  • 友だち期間

 

 

【2019年11月28日追記】
オーディエンス機能の登場により
絞りこみできる項目が増えました♪

 

 

【注意点】公式LINEの無料ツール「セグメント配信」を利用できない場合

ルービックキューブ

LINE公式アカウントのセグメント配信は
基本的に無料で利用可能な便利ツールです。

 

しかし実は、利用できない場合があります。

それは、そのLINE公式アカウントの
ターゲットリーチ数が100人未満の場合。

「絞り込み」を選択して
属性別でセグメント配信するためには
ターゲットリーチ数が100人以上必要です。

【属性の項目】
  • 年齢
  • 性別
  • 地域
  • OS (IOS、androidなど)
  • 友だち期間

属性で絞り込み配信

 

【2020年3月追記】

オーディエンス機能については
ターゲットリーチ数が100未満でも
選択することができるようになりました。

今までターゲットリーチ100人未満の場合、メニューが表示されませんでしたが、チャットタグオーディエンスの追加と合わせてターゲットリーチによるメニューの表示制限がなくなりました。

 

LINE公式アカウントの友達追加者の属性が把握できない場合はある?

属性が把握できない場合なんてあるの?

 

LINE公式アカウントに登録してくれても
その追加者の属性を把握できないこともあります。

友達追加者の属性が把握できるかどうかは
公式LINEの運営者側で操作することができません。

 

ただし、だいたい9割くらいの割合で
公式アカウントの友達の属性を把握できます。

つまり、公式LINEの友達数の1割くらいは
ターゲットリーチ数に含まれない可能性がある。

※だいたいの目安なので
人によっては割合が異なる可能性があります。

 

LINE公式アカウントのターゲットリーチ数の反映はタイムラグがある

注意点ですが、ターゲットリーチ数は
反映されるまでにタイムラグがあります。

例えば、新規アカウントを作成して
Facebook広告などの広告を活用し
今日友達数が100人増えたとしても
その100人が反映されるのは後日。

友だちの属性情報は反映されるまで最大3日ほどかかるため、[属性で絞り込み]を利用した配信は3日前の属性情報に基づいて行われます。

 

セグメント配信(絞り込み配信)は
ターゲットリーチ数が反映されないと
効果的に利用することができませんので
この部分をぜひ意識していきましょう。

LINE公式アカウントを複数作成して運用するメリットとデメリット【LINE集客成功のコツは複数アカウントの自動化】

 

最後に

セグメントされた犬のつぶやき

 

LINE公式アカウントのセグメント配信について
基本的な内容をなるべくわかりやすく解説しました。

 

年齢や地域などの属性ごとにターゲットを絞り
プッシュメッセージを送れるセグメント配信は
LINEマーケティングにおいて重要なツールです。

そして
この公式LINEの無料ツールは
1つのメリットだけではなく
複数のメリットを生み出します。

例えば、月額料金の節約です。

全体にLINEを送信するのではなく
限定的にLINEを送信することで
LINE公式アカウントの料金の面でも
様々なメリットを享受することができます。

 

また、ターゲット層を絞ることで
そのターゲット層に響く言葉や欲求を
狙い撃ちできるため訴求がしやすくなる。

 

公式LINE集客に限りませんが
ターゲティングとセグメンテーションは
これからのAI時代で特に効果が高まる
必要不可欠なマーケティングノウハウです。

ここをしっかりと対策することで
あなたのLINE公式アカウントは
たくさんの人の心を動かす武器となる。

逆に、セグメント配信を活用できないのならば
翼を持たないただの金食い道具となるでしょう。

初心者でも出来る!LINE公式アカウントで集客するためのレシピ(手順書)✨【LINEマーケティングを簡単にわかりやすく】

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2019 All Rights Reserved.