2019年11月27日。
LINE公式アカウントの「メッセージ配信」の中で
オーディエンス機能が新しく追加されました!♪

公式LINEのオーディエンス

 

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

 

公式LINEのオーディエンス機能とは何か?

公式LINEのオーディエンス機能とは何か?

わかりやすく簡単な言葉でまとめると
一斉送信メッセージの配信先(受け手)を
タイプ別で設定することができる機能です。

 

この「オーディエンス」で事前に設定すると
メッセージ配信時に選択できるようになります。

 

LINEオーディエンス機能の登場により
「絞り込み」で選択できる項目が増え
セグメント配信の精度がさらに上がります。

 

公式LINEのオーディエンス機能のタイプ(種類)

公式LINEのオーディエンス機能で
設定できるタイプは以下の9つです。

  1. ユーザーIDアップロード
  2. クリックリターゲティング
  3. インプレッションリターゲティング
  4. チャットタグオーディエンス(2020年3月4日新登場)
  5. 追加経路オーディエンス(2020年5月27日新登場)
  6. ウェブトラフィックオーディエンス(2020年11月26日新登場)
  7. 予約オーディエンス(2022年11月10日新登場)
  8. リッチメニュークリックリターゲティング(2023年8月24日新登場)
  9. リッチメニューインプレッションリターゲティング(2023年8月24日新登場)

※「予約オーディエンス」は「LINEで予約」と連動済みのLINE公式アカウントのみ利用可能

 

参考:オーディエンス(LINE公式アカウント公式マニュアル)

 

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

 

 

ユーザーIDアップロードについて

「ユーザーIDアップロード」については
基本的に使用できる人は少なくなります。
なぜなら、ユーザーIDを取得するためには
Messaging APIを操作する必要があるからです。

LINEのユーザーIDを取得する方法については
Webhookイベントから設定する流れになります。
※上級者向けです。

 

【2020年2月追記】無料ツールを利用することで、自らサーバーを契約してツールを作成しなくても、LINEのユーザーIDを取得可能になりました♬

プロラインとは何か?無料の公式LINE自動集客ツール?【メリットだけでなくデメリットも解説】

 

 

インプレッションリターゲティングと
クリックリターゲティングについては
難易度が低いため簡単に設定できます。

リターゲティングとは何か?【クリックリターゲティングとインプレッションリターゲティング】

リターゲティングという言葉は
マーケティングの専門用語です。

簡単な言葉で説明すると
過去にクリックしてくれた人や
ページをみてくれた人に対して
再び広告を表示させる手法のことです。

 

  • クリックリターゲティング
  • インプレッションリターゲティング

この2つのタイプを設定することで
過去に送ったメッセージの分析をもとに
ターゲットを絞りこむことができます。

つまり過去に配信したメッセージを
開封した人やクリックした人にだけ
一斉送信メッセージを送ることができます♪

また逆に、開封した人やクリックした人を
対象から外してメッセージを送ることも可能。

工夫次第でLINEマーケティングは加速します。

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

 

チャットタグオーディエンス(2020年3月4日新登場)

公式LINEのチャット上でタグを作成し
そのタグごとにセグメント配信ができます。

これは便利!公式LINEのチャットにつけたタグでセグメント配信が可能に!【オーディエンス機能が進化】

公式LINEのチャット機能で集客するための3つのコツとは?【連絡先の友だち確認方法も解説】

 

追加経路オーディエンス(2020年5月27日新登場)

公式LINEのオーディエンス機能

公式LINEの友だち追加経路ごとに分類して、セグメント(絞り込み)配信ができます。

「友だち追加経路オーディエンス」が新登場【公式LINEのセグメント配信がまた進化しました】

 

ウェブトラフィックオーディエンス(2020年11月26日新登場)

ウェブトラフィックオーディエンス

LINE公式アカウントのトラッキング機能(LINE Tag)を活用して、セグメント配信ができます。

LINE Tagのトラッキング情報を基にしたオーディエンスが作成できるようになりました。
オーディエンスを利用することで、ユーザーの行動に基づいた配信ができるようになります。
LINE広告から共有されたLINE Tagを用いたオーディエンス作成も可能です。

※LINE tagの利用を開始するとオーディエンスが作成可能になります
※配信に利用するには、オーディエンスのサイズが100以上必要です

【2021年9月15日追記】オーディエンスのサイズが50以上になり、ハードルが下がりました。

 

「オーディエンス」に関して下記の仕様変更を行いましたのでお知らせいたします。

【変更内容】
配信に利用する際に必要なオーディエンスのサイズを変更します。(ユーザーIDアップロードおよびチャットタグオーディエンスを除く)
■変更前
配信に利用するには、オーディエンスのサイズが100以上必要
■変更後
配信に利用するには、オーディエンスのサイズが50以上必要

 

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

 

 

最後に

公式LINEのメッセージ配信の中にある
オーディエンス機能について
その概要を簡単に解説していきました。

 

このオーディエンス機能の登場により
セグメント配信で選択できる項目が増え
LINE集客の効果がさら向上する道ができる。

「絞り込み」をして配信することで
LINE公式アカウントの料金や費用も
大幅に節約することができる機能なので
積極的に活用すべき機能の1つといえます♪

公式LINEのセグメント配信(絞り込み配信)とは何か?じつは無料で使える?【LINE公式アカウントの無料機能をわかりやすく簡単に】

 

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】