↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

公式LINEの「オーディエンス」機能とは何か?【LINEマーケティング上級者向け】

WRITER
 
公式LINEのオーディエンス機能
この記事を書いている人 - WRITER -

 

2019年11月27日。
LINE公式アカウントの「メッセージ配信」の中で
オーディエンス機能が新しく追加されました!♪

公式LINEのオーディエンス

※広告における「オーディエンス」の意味は
簡単にいうと広告メッセージの受け手のことです。

 

公式LINEのオーディエンス機能とは何か?

公式LINEのオーディエンス機能とは何か?

わかりやすく簡単な言葉でまとめると
一斉送信メッセージの配信先(受け手)を
タイプ別で設定することができる機能です。

公式LINEのオーディエンス機能

 

この「オーディエンス」で事前に設定すると
メッセージ配信時に選択できるようになります。

公式LINEのオーディエンス

このオーディエンス機能の登場により
「絞り込み」で選択できる項目が増え
セグメント配信の精度がさらに上がります。

 

公式LINEのオーディエンス機能の3つのタイプ

公式LINEのオーディエンス機能で
設定できるタイプは以下の3つです。

  • ユーザーIDアップロード
  • クリックリターゲティング
  • インプレッションリターゲティング

公式LINEのオーディエンス機能

ユーザーIDアップロードについて

「ユーザーIDアップロード」については
基本的に使用できる人は少なくなります。
なぜなら、ユーザーIDを取得するためには
Messaging APIを操作する必要があるからです。

LINEのユーザーIDを取得する方法については
Webhookイベントから設定する流れになります。
※上級者向けです。

 

インプレッションリターゲティングと
クリックリターゲティングについては
難易度が低いため簡単に設定できます。

リターゲティングとは何か?

リターゲティングという言葉は
マーケティングの専門用語です。

簡単な言葉で説明すると
過去にクリックしてくれた人や
ページをみてくれた人に対して
再び広告を表示させる手法のことです。

 

  • クリックリターゲティング
  • インプレッションリターゲティング

この2つのタイプを設定することで
過去に送ったメッセージの分析をもとに
ターゲットを絞りこむことができます。

つまり過去に配信したメッセージを
開封した人やクリックした人にだけ
一斉送信メッセージを送ることができます♪

また逆に、開封した人やクリックした人を
対象から外してメッセージを送ることも可能。

工夫次第でLINEマーケティングは加速します。

 

公式LINEのオーディエンス機能の注意点

公式LINEのオーディエンス機能は
スマホアプリからだと利用できません。

またオーディエンス機能を使うためには
ターゲットリーチ数が100人以上必要です。

オーディエンスの作成・管理機能を使用するためにはターゲットリーチが100人以上必要です。条件に満たない場合、「オーディエンス」は表示されません。

 

 

最後に

公式LINEのメッセージ配信の中にある
オーディエンス機能について
その概要を簡単に解説していきました。

 

セグメント配信で選択できる項目が
さらに増えたようなイメージとなります。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」 , 2019 All Rights Reserved.