↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

LINE公式アカウントを複数作成して運用するメリットとデメリット【LINE集客成功のコツは複数アカウントの自動化】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

昔の公式LINE(LINE@)のアカウントは、
無料だと10個までしか作成できなかった。

 

最新版のLINE公式アカウントは
無料で100個まで作成可能です。
※ビジネスIDを変えれば無限に作成可能

 

公式ラインをビジネスで活用する際
アカウントを複数個運用することで
様々な面でメリットを生み出します📈

公式LINEで集客を成功させるコツは、アカウントを複数作成して運用することって聞いたことある!

公式LINEのアカウントを複数作成すると、料金だけでなく集客面でもメリットがあるらしいね

LINE公式アカウントを複数作成する方法

無料!LINE公式アカウント(旧:ラインアット)の作り方【作成方法から初期設定までわかりやすく解説】

 

LINE公式アカウントを複数作成する方法は
とても簡単なのでさささっと解説していきます🐩

※公式LINEのスマホアプリから簡単に作成可能

以下の流れで公式LINEを複数作成できます!

公式LINEの管理画面の左上ボタンを選択

「アカウントを作成」を選択

 

簡単だね!!

うん!一回LINE公式アカウントを作成した後だったら、すぐに複数のアカウントを作れる!

 

LINE公式アカウントを複数運用するメリット

  • 月額料金を節約できる
  • 集客がしやすくなる

月額料金を節約できる【公式LINEを複数運用するメリット】

【最新】LINE公式アカウントの初期費用と月額料金をわかりやすく解説

LINE公式アカウントのフリー(無料)プランは
1000通までしかメッセージを送れませんが
LINE公式アカウントを複数作成することで
1000通以上でも送信できるようになります🔐

フリープランのアカウント1個:1000通まで

フリープランのアカウント4個:4000通まで

 

そのため、公式LINEのアカウントを複数作成し
友だち(登録者)を分散すると料金を節約できます。

つまり、ずっとフリープランのままでも
公式LINEを運用し続けることが可能です。

なるほど!

 

集客がしやすくなる【公式LINEを複数運用するメリット】

LINE公式アカウントで集客するときの注意点とは?【大事なのは濃いリスト】

LINE公式アカウントを複数作成し
目的ごとにリスト数(友だち数)を増やすと
その後の反応率が高くなる傾向があります。

公式ラインの目的がはっきりしていれば
ターゲット層を明確化しやすくなるので
集客方法を迷わず選択できるメリットも生まれます。

 

LINE公式アカウントを複数運用するデメリット

  • 友だちが少ないと思われる
  • 管理が大変

友だちが少ないと思われる【公式LINEを複数運用するデメリット】

LINE公式アカウントの「友だち追加」の使い方【友だち数を増やす方法やコツも紹介】

LINE公式アカウントを複数作成して
リスト(登録者)を分散して運用することで
友だちが少ないと思われるリスクがあります。

 

これについては
最初の頃は仕方がないこともありますが
工夫することでデメリットを排除できます。

例えば、
あいさつメッセージを送った瞬間に
別の公式ラインへ誘導する戦略です。

公式ラインの友だち数を増やす際は
目的ごとにそれぞれ集客するのではなく
まず1つのLINE公式アカウントへ集客して
そこから登録者を分散する戦略がおすすめ。

分散マーケティング

 

この場合は一貫性の心理も働くので
目的がマッチしていれば高い確率で
2つの公式LINEに登録してくれます。

 

管理が大変【公式LINEを複数運用するデメリット】

LINEマーケティングの成功パターンを公開!【LINE公式アカウントの友だち数を自動的に増やす方法がある。】

 

LINE公式アカウントを複数作成すると
管理が大変になるデメリットがあります。

 

ただし、公式LINEのステップ配信を設定し
事前にステップLINEを流す仕組みを作ると
公式LINEの自動化ができ管理も楽になります。

 

LINE公式アカウントの集客で成功している方、
その多くの方はアカウントを複数所有しており
LINEのステップ配信ツールと連動させています。

 

最後に

LINE公式アカウントを複数作成して運用する際の
メリットとデメリットを簡単に解説してみました。

 

1つのLINE公式アカウントだけを運用し続けると
毎月の月額料金が高くなるデメリットだけでなく
追加費用まで発生してしまうリスクも発生します。

 

 

LINE集客成功のコツは、
複数アカウントの自動化。

目的ごとに公式LINEを複数運用することで
月額料金を節約できるようになるだけでなく
集客がやりやすくなることも多々あります📊✨

 

公式LINEの管理の手間については
工夫次第では、むしろ楽になります。

例えば、自動応答専用の公式LINEと
チャット専用の公式LINEを作成する戦略。

【参考事例】

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」 , 2020 All Rights Reserved.