↓限定情報はこちらから(経営者向け)

プロラインのプロモーションも含まれます

過去のLINE公式アカウントやLINE@(ラインアット)の料金(費用)

 
LINE公式アカウントの費用
この記事を書いている人 - WRITER -
合同会社アストロコスモロ代表
詳しいプロフィールはこちら

LINE@(ラインアット)
2015年2月から個人でも
無料で使用することが可能となりました。

その大きな衝撃に伴い、
LINE@を作成する人が
日本中でたくさんいました。

そして2019年の4月18日から
LINE@(ラインアット)はさらに進化し
LINE公式アカウント」として名称が統一。

※2019年の4月17日以前はLINE公式アカウントとLINE@は別のツール
(LINE@は初期費用無料、LINE公式アカウントは初期費用と月額料金が高額)

 

この記事で
過去のLINE公式アカウントの料金プランや
LINE@の料金プランについてまとめていきます。

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

 

過去のLINE公式アカウントとLINE@(ラインアット)の料金プラン

LINE@(ラインアット)には
料金プランが4つありました。

LINE@の料金プラン
  • 【フリープラン】月額0円
  • 【ベーシックプラン】月額5,000円(税抜)
  • 【プロプラン】月額20,000円(税抜)
  • 【プロ(API)プラン】月額30,000円(税抜)

 

2019年4月18日以降から開始された
LINE公式アカウントの料金プランは
以下のように変更されました。

LINE公式アカウントの料金プラン(2019年4月-2023年5月)
  • 【フリープラン】月額0円
  • 【ライトプラン】月額5,000円(税抜)
  • 【スタンダードプラン】月額15,000円(税抜)
  • 【プロ(API)プラン】廃止

 

 

月額0円のプラン【フリープラン】

ラインアットフリープラン

LINE@を作成した後
料金プランの変更をしない限り
皆さんこのフリープランでした。

つまり
自ら料金プラン変更の申請しない限り
ずーーと、フリープランのままです。

 

このフリープランは
月額0円、つまり無料です。

無料だから
使える機能が少ししかないのでは?」

と考える方も
中にはいるかもしれませんが、
その心配はいりませんでした。

LINE@は無料でも、
以下の様々な機能を
使用することが可能でした。

LINE@フリープランの機能
  • 一斉送信機能【月1,000通まで】
  • タイムライン配信【月4回まで】
  • クーポン機能
  • 1:1トーク機能
  • アカウントページ編集
  • LINEショップカード
  • 動画メッセージ
  • 音声メッセージ

 

■2019年4月18日から2023年5月31日まで

LINE公式アカウントのフリープランの機能
  • 一斉送信機能【月1,000通まで】
  • LINEVOOM(旧:タイムライン)配信【無制限
  • クーポン機能
  • チャット(1:1トーク)機能
  • アカウントページ編集
  • LINEショップカード
  • 動画メッセージ
  • 音声メッセージ
  • 友達属性表示
  • セグメント配信
  • リッチメッセージ
  • リッチメニュー
  • リッチビデオメッセージ
  • LINEコール(無料通話機能)

 

メッセージ配信について

フリープランについては
月に1,000通まで
メッセージを一斉送信することができました。

しかもこの1,000通には
1:1トークで送られたメッセージをカウントしません。

 

おっ、1,000通ってけっこう送れるじゃん」

と、最初思う方も多いですが注意が必要

 

この1,000通は
一斉送信機能を使用できる回数ではありません。

送られるメッセージの合計数
を差します。

 

つまり
どういうことかというと
有効友だち数が501人いる場合には
月に一斉送信機能を使える回数は
1回になるということです。

 

501人×2回=1002通

1000通オーバー

 

 

タイムライン投稿について

LINE@(ラインアット)の管理画面「ホーム設定」のボタン

フリープランの場合
タイムライン投稿機能は
月に4回まで
使用することができました。

※2019年4月18日以降は、LINE@をLINE公式アカウントに移行することで、月に何回でもタイムライン投稿できるようになりました。

 

タイムライン投稿は
ホーム設定から利用することが可能です。

タイムラインって何?ホーム設定?」

って方はこちらの記事がおすすめです。

 

ベーシックプラン/ライトプラン

ラインアットベーシックプラン

LINE@の料金プランを
月額5,000円(税抜)に変更すると
有効友達数が5000人以下であれば
一斉送信機能を無制限に利用することができました。

2019年4月18日以降
LINE@をLINE公式アカウントに移行することで、15000通まで無料で一斉送信メッセージを送ることができるように。

そのため有効友達数が5000以上だとしても、一斉送信メッセージが利用可能となりました。

 

 

ある程度LINE@の友だち数の増え
一斉送信を利用できる回数が少なくなってしまった方が、この月額5,000円(税抜)のプランにする流れが一般的でした。

LINE@の月額5,000円(税抜)プランの機能
  • 一斉送信機能(メッセージ配信)【無制限】
  • タイムライン配信【無制限】
  • リッチメッセージ機能
  • クーポン機能
  • 1:1トーク機能
  • アカウントページ
  • アカウントページ内の広告枠/おすすめ枠の非表示
  • LINEショップカード
  • 動画メッセージ
  • 音声メッセージ

 

■2019年4月18日から2023年5月31日まで

LINE公式アカウントの
月額5,000円(税抜)プランの機能

 

  • 一斉送信機能【月15,000通まで】
  • タイムライン配信【無制限】
  • クーポン機能
  • 1:1トーク機能
  • アカウントページ編集
  • LINEショップカード
  • 動画メッセージ
  • 音声メッセージ
  • 友達属性表示
  • セグメント配信
  • リッチメッセージ
  • リッチメニュー
  • リッチビデオメッセージ
  • LINEコール

 

 

LINE@のベーシックプランの注意点

アカウントの有効友だち数が
5,000人以内であれば無制限で配信可能

と書いてありました。

つまり
有効友だち数が5,000人を超える
プロプランに変更しない限り
この一斉送信機能を使うことができなくなりました。

2019年4月18日以降
LINE@をLINE公式アカウントに移行することで、15000通まで無料で一斉送信メッセージを送ることができるように。

つまり、有効友達数が5000以上だとしても、一斉送信メッセージが利用可能となりました。

 

 

LINE@のフリープランでは利用できなかったもの

右肩あがりの青い線

  • リッチメッセージ
  • アカウントページ内の広告枠/おすすめ枠の非表示

こちらの2つの機能は、
フリープランでは利用できませんが、
ベーシックプランにすることで利用可能に。

2019年4月18日以降、LINE@をLINE公式アカウントに移行することで、フリープランでもこれらの機能を利用できるようになりました。

 

プロプラン/スタンダードプラン

分析

LINE@のプロプランは
LINE@の有効友だち数が
5,000人を超えた場合に
プラン変更する流れが一般的でした。

 

また、プロプランでしか利用することができない
「友だち属性表示」
セグメント配信を利用するために
LINE@(ラインアット)の料金プランを
プロプランへ変更する人もいました。

2019年4月18日以降
LINE@をLINE公式アカウントに移行することで、フリープランでも月額5000円のプランでも、「友だち属性表示」や「セグメント配信」が利用できるようになりました。

 

プロプランとスタンダードプランは
基本的に最上級のプランとなります。

LINE@のプロプランは
月額料金は20000円ですが
LINE公式アカウントに移行することで
月額料金が15000円となりました。

 

 

【プロ(API)プラン】月額32,400円(税込)

ラインアットプロ(API)プラン

このLINE@の料金プランは
LINEステップなどのLINEツールが登場した後に
新しく登場した料金プランです。

LINE@のツールを使用するために、LINE@(API)のプロプランに変更する方が急増していました。

 

 

 

プロプランとプロ(API)プランの違い

細かい機能については
基本的にはLINE@のプロプランと同じです。

ラインアットプロ(API)プランラインアットプロプラン

表でみるとわかりやすいですが
違いはMessaging APIを使えるか使えないかです。

つまりLINEステップなどの
LINE@ツールを契約する場合に
LINE@(ラインアット)プロ(API)プランのお申込みが必須となります。

簡単にまとめると
LINE@に元々備わっていない機能
(ステップメール機能など)を利用したい場合は
LINE@(ラインアット)プロ(API)プランに申し込む必要がある。
ということです。

 

契約方法の違い

ラインアットの料金プラン変更

LINE@(ラインアット)プロプランは
スマホからでも料金プラン変更が可能ですが
LINE@(ラインアット)プロ(API)プランは
LINE@のパソコン版でしか料金変更をすることができません。

※IOS(アイフォン等)の場合は、
スマホから料金プランの変更をすることができません。

 

 

最後に

LINE@(ラインアット)の料金(費用)はいくらなの?

LINE@(ラインアット)の料金プランは
2016年7月1日に大きく変更されました。

そして2019年4月18日にまた
LINE公式アカウントやLINE@の料金プランに
大きな変化が起こりました。

さらに2023年6月1日にもまた
LINE公式アカウントの料金プランが新しくなりました。

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

この記事を書いている人 - WRITER -
合同会社アストロコスモロ代表
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2024 All Rights Reserved.