LINE@(ラインアット)か、メルマガか。【徹底解析】あなたに合う集客ツールは?

WRITER
 
LINE@かメルマガか
この記事を書いている人 - WRITER -

今の時代
メールを開く人は少ない

みんなメールより
LINEをみてる

メルマガの時代は
終わった!!

このような噂を
あなたもきいたことがないだろうか。

 

この噂
本当だと思いますか?

 

結論からいうと

メルマガはまだ終わっていません。

 

 

メルマガマーケティングは
ビジネスにおいて
まだまだ効果を発揮します。

 

では、
LINE@とメルマガを比較した場合
効果がでるのはどちらでしょうか。



以前、期間限定で
LINE@無料相談をやった際

「メルマガとLINE@は
どっちの方が効果がでますか?」

とメッセージをくれる方も
実際に何人かいました。

私は
この質問には

即答できません。

なぜなら
業種や目的によって
LINE@とメルマガ、
どちらの集客ツールが最適なのか
答えが変わるからです。

 

大切なことは
LINE@とメルマガの特徴を理解し
あなたに合った集客ツールを選ぶこと。
もしくは両方選ぶことです。

 

今回は
LINE@とメルマガについて
実践的な情報を公開していきます。

「LINE@とメルマガ、
どちらの集客ツールを使えばいいかわからない。。」

このように
少しでも迷っている方は
是非読んでいってください。

 


最新情報追記】

このおさえられない感動を
あなたにも共有したいです。

なんと!!
LINE@でもステップメールが送れるようになりました!

遂に「LINEステップ」登場!!LINE@でステップメールが可能に


 

 

「LINE@でステップメール。。
それがどうしたの?」
って方は、
是非この記事を
最後まで読んでいってください。

LINEマーケティングの最先端へ
あなたをお導き致します。

 

関連:行列をつくるLINE@(ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】

 

LINE@(ラインアット)か、メルマガか。【徹底比較】

青い天秤

「そもそもLINE@とメルマガ、
何が違うのかわからない」

という方も
多いかと思います。

 

そこで
LINE@とメルマガについて
共通点や違いについて
比較しながらご説明します。

 

LINE@(ラインアット)とメルマガの共通点

共通点のあるワンちゃん2匹

まず、
LINE@(ラインアット)
メルマガの共通点について。

 

LINE@とメルマガの違いを知る際
最初に共通点を知ることで
違いがイメージしやすくなります。



大きく共通している点は
たくさんの人へ向けて
まとめて一斉に
集客アプローチができること

 

そして
LINE@もメルマガも
質の高いリストを集めることで
より効果を発揮するということです。

 

 

リストとは
お客さんの連絡先のことです。

 

LINE@でいうと

「お客さんのLINEの連絡先」

メルマガでいうと

「お客さんのメールアドレス」

を差します。

 

このリストを集めることにより
お客さんへ一斉に
集客アプローチができるようになります。

 

 

ただ
集客アプローチの仕方や
開封率などの様々な点で
LINE@とメルマガで違いがあります。

 

LINE@(ラインアット)とメルマガの集客アプローチ比較

ねこと犬

LINE@とメルマガの
集客アプローチの仕方は
細かい機能を上げていくと
けっこうな違いがあります。

 

LINE@の集客アプローチについては
クーポン機能
ショップカード機能など
様々な集客アプローチ機能があるため
LINE@の方がメルマガに比べて
集客アプローチの幅は広いです。

メルマガよりも
LINE@(ラインアット)の方が
集客アプローチの幅は広いのか

しかし
メルマガにしかできない
集客アプローチもあります。

 

それは
ステップメールです。

 

このステップメールを使えることが
メルマガの最大の利点であり
LINE@との大きな違いとなります。

 

 

ステップメールを効果的に活用することで
様々なマーケティング手法が
驚くほど有効に働きます。

 

「もしステップメールと同じ機能が
LINE@でも使えるようになれば
LINE@はメルマガを完全に超える。」

 

といっても
過言ではないくらい
影響力の強い重要な機能となります。


【2017年2月追記】
遂にLINE@でも
ステップメールが送れるようになりました。

遂に「LINEステップ」登場!!LINE@でステップメールが可能に

LINEステップを導入する前に
この記事も合わせてご覧ください。

【危険】LINEステップを利用する前に!損をしたくない方は必ず読んでください。


【2018年7月追記】
LINEステップの機能はさらに増えて使いやすくなりました。
また、利用者の数も増えつづけています。

 


 

LINE@(ラインアット)とメルマガの開封率比較

水しぶきをあげて走るワンちゃん

「あなたはLINEとメール、
どちらをよく開きますか?」

 

もちろんLINE!!

全国でこの質問をした場合
「LINE」と答える人が
圧倒的に多くなります。

 

メールよりも
LINEを開く人が多い理由は
LINEが日本人の生活のインフラに
なっていることだけなく
「ピロン!」
って届く
あのLINEプッシュ通知
大きく影響を与えています。

 

未読が残っていると
赤い表示が残るため
とりあえずメッセージ開く人が多いです。

 

きっと
あなたも経験があるはず。

 

 

LINEプッシュ通知機能があることで
LINE@の開封率は
メルマガの開封率をはるかに上回ります。

 

 

このように
LINE@とメルマガの開封率だけを比較した場合
LINE@の方が開封率は高いです。

そしてその流れは
今後も強くなります。

 

LINE@(ラインアット)とメルマガ、どちらを選べばいいのか

可愛い2匹のワンちゃん

メルマガよりも
LINE@(ラインアット)の方が
集客アプローチの幅は広いし

開封率も高いなら
LINE@を使った方がいいじゃん!

このように思う方も
多いかと思います。

 

しかし
これらの理由から
LINE@を使えばいい
という結論にはなりません。

なぜなら
メッセージの届く先が
LINE@の場合、LINEであり
メルマガの場合、メールだからです。

 

全体から考えると
メールは以前より読まれなくなっていますが
ビジネスをしている方に関しては
メールをチェックしている人も
まだたくさんいます。

 

もし
ビジネスをしている方向けに
売り上げを上げたいのであれば
LINE@よりもメルマガの方が
効果がでることもあるでしょう。

 

 

もし
若い人に何か商品を売りたいなら
メルマガではなく
LINE@からLINEに
集客アプローチした方が
売り上げは上がるかもしれません。

 

 

ここで1つ
あなたに考えて欲しいです。

 

あなたが集客ツールを使う目的は
何でしょうか?

 

そして

 

その目的を達成するためには
どんな人にLINE@やメルマガを
登録してもらえばいいでしょうか?
この目的ターゲット層
LINEマーケティングにおいてものすごく重要です。

 

 

つまり
何が言いたいかというと

 

集客ツールを使う目的と
集めるべきターゲット層によって
どちらのツールを使えば効果がでるのか
変わるということです。

 

 

最後に

LINE@かメルマガか

LINE@(ラインアット)か、メルマガか。
あなたのビジネスに合わせ
どちらがいいか
考えてみてください。

 

 

私はLINE@の可能性について
今後もさらなる期待をしていますが
すべての方へ向けて
「必ずLINE@を導入すべき」
ということは言いません。

 

なぜなら
LINE@については
アカウントが消されてしまえば

リストを一気に失うリスクがあるからです。

 

 

それに比べ
メルマガはアドレスさえを保存しておけば
リストは無くなりません。

そしてメルマガは
まだまだ効果がある。

 

 

もし効果がないのであれば
Amazonなどの大企業が
メルマガを活用したりはしません。

 

 

ただ
昔に比べると
メルマガの効果が弱まっているのは事実です。

 

時代の流れ的に

「LINE@しか使わない!」
という選択肢も
全然無しではありません。

 

リストを失うリスクはありますが
工夫すれば回避できます。

 

また、
メルマガは基本的に費用がかかりますが
LINE@は無料の料金プランでも
様々な集客アプローチが可能です。
参考:LINE@(ラインアット)の料金(費用)を徹底解説【最新情報をお届けします】

 

あなたのビジネスに合わせ
オリジナルのマーケティング戦略を練り
導入すべき集客ツールを
決定していってください。

 

 

【2018年追記】
LINEステップが30日無料で利用可能となりました!
お試しをする前にこの記事も合わせてご覧ください。

【危険】LINEステップを利用する前に!損をしたくない方は必ず読んでください。

無料キャンペーンには期限があります。
お早めのお申込みをオススメします。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です