↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

LINE公式アカウントの「ショップカード」の作り方や使い方【紙の費用と人件費を削減できます。】

WRITER
 
データ分析
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、愛犬家のJIN(@linew)です。🐩

 

2019年。

紙で作られたポイントカードが
日本中のお店で使用されています。

タイムマシンがあるのなら、
2030年くらいからやってくる未来人は
その紙切れをお土産にするかもしれない。

 

時代が進み未来が過去になるにつれ
不便な紙のショップカードは姿を消し、
便利なデジタルショップカード達が
当たり前のようにその席に座り始める。

椅子取りゲームでもしてるかの如く
そのスピードと勢いは凄まじいです💺💺

 

じつは、この未来の覇者である
「デジタルのポイントカード」は
もう既にこの世界に誕生しています。

  • 2015年10月:LINE@のショップカード誕生
  • 2019年4月:公式LINEのショップカード誕生

 

LINEのショップカード以外でも
デジタルのショップカードは存在しますが
日本の経営者にとってLINEのショップカードが
集客における最強のポイントカードとなるでしょう。

なぜなら、多くの日本国民が
毎日LINEを使用しているからです。

それだけではありません。

LINE公式アカウントLINEミニアプリの中にある
LINEショップカード機能はとても優れています。

 

この記事では
LINE公式アカウントの無料ツールである
ショップカードについて
作成方法や使い方をまとめていきます。

 

【最新情報追記!】
LINE@の命日が延期されました!

■強制サービス移行期間
2019年8月19日~9月30日
2020年1月14日~2月28日

 

最新版のLINE公式アカウントの機能について
最新情報を画面キャプチャ付きで更新しています。

 

LINE公式アカウントのショップカード機能は無料で使える!

LINE公式アカウントには
3つの料金プランがあります。

 

公式アカウントのショップカード機能は、
有料でもおかしくないくらい高性能ですが
誰でも無料で作成して利用することができます。

 

※2015年10月に誕生した
LINE@のショップカードの機能と
使い方や機能はほとんど一緒です。

 

LINE公式アカウントのショップカードを活用するメリット

紙でポイントカードを作成し
運用をしていた店舗経営者は
紙の費用を削減することができます。

それだけでなく
ポイントカードの管理の手間や
トラブルのリスクも減らせ
人件費も大きく削減できます。

さらにさらに
LINEの通知がお客さんに届くので
リピーターもつきやすくなります。

 

 

飲食店や美容室などの店舗経営者だけでなく
ネットショップやブログ運営者にとっても

LINEショップカードは強い味方となります。

 

LINE公式アカウントのショップカードの作成方法

 

LINEのショップカードの作成方法は
難しそうにみえますが、難しくありません。

選択する項目がたくさんあり、
混乱する方もいるかもしれません。

けど、安心してください。

なるべくわかりやすく解説していきます。

 

「ショップカード」を選択

「ショップカード設定」を選択

「ショップカードを作成」を選択

 

ボタンを選択すると

  • デザイン
  • 設定項目
  • ランクアップカードを作成

が表示されます。

デザイン

LINEショップカード作成画面
様々なデザインの中から
好きなデザインを選択します。

デザインは公開した後でも
変更することが可能です。

 

設定項目

設定項目では
以下の項目を設定できます。

  • ゴールまでのポイント数
  • ゴール特典(必須)
  • カード有効期限
  • 有効期限の通知
  • カード取得ボーナス
  • ポイント取得制限(不正防止設定)
  • 利用ガイド(利用時のルール)

 

それぞれの機能について
以下で説明していきます。

ゴールまでのポイント数

「ゴールまでのポイント数」は
1から50まで選択することが可能です。

例えば
ゴールのポイント数を
「1」にした場合は
1ポイント貯まるだけで
特典クーポンが送られます。

 

ゴール特典(必須)

ゴール特典(必須)


「ゴールまでのポイント数」

で設定したポイントに達したお客さんに
特典としてプレゼントする内容をここで設定します。

 

この項目は必須項目なので、
あらかじめ設定しなければ
LINE公式アカウントのショップカードを
作成することができません。

 

  • デザイン
  • 特典チケット名(必須)
  • 利用ガイド
  • 特典チケット有効期限
  • 特典イメージ

 

これらの事項を設定し
特典チケットを作成します。

 

 

ご利用案内に注意事項や
禁止事項をしっかり記載することで
トラブルを避けることができます。

ここは時間をかけて
設定していってください。

 

ゴール特典を作成後に
「ポイント特典を設定」
を選択することができるようになります。

この「ポイント特典を設定」を活用すると
ゴールの途中でも特典を用意することが可能です。

 

また、特典チケット有効期限は
「期限なし」を選択することも可能です。

 

 

 

カード有効期限

LINEショップカードの有効期限を
自由に設定することができます。

この有効期限の開始日について
「最終利用日から」「初回利用日から」
のどちらかを選ぶことができます。

また、「設定しない」を選択することで
有効期限を無制限にすることも可能です。

 

有効期限の通知

 

LINE公式アカウントのショップカード機能で
特にありがたい機能が「有効期限の通知」です。

カードを追加してくれたお客さんへ
そのカードの有効期限が切れる前に
自動で通知LINEを送信してくれます。

その有効期限の通知が送られる日を
この「有効期限の通知」で確認できます。

 

選択可能な有効期限の通知日
  • 有効期限の前日
  • 有効期限から3日前
  • 有効期限から1週間前
  • 有効期限から2週間前
  • 有効期限から3週間前
  • 有効期限から一カ月前
  • 通知しない

 

※ショップカードを公開した後は
設定を変更できないので注意が必要です。

 

また、カードの有効期限前だけでなく
お客さんがポイントをためてゲットした
特典チケットの有効期限前にも
同じように通知LINEが自動で送信されます。

これにより
お客さんの満足度も高まりますし

「あっ、期限せまってるから、
久しぶりにお店いこうかな」

という心理も生まれ、
リピーター率は高くなります。

 

カード取得ボーナス

 

LINE公式アカウントのショップカードを
追加してくれた方へ自動的に付与できる
ポイントの数をここで設定することができます。

ショップカードに登録してくれたお礼に
カード取得時のボーナスとして、最初に
ポイントをプレゼントされたお客さんは
ゴールまでの達成率が高くなります。

 

0ポイントを選択すると
ボーナスは無しにすることも出来ますが
なるべくこの「カード取得ボーナス」
1ポイント以上設定した方が
お客さんの心理的にも有効に働きますので
しっかり設定することをオススメします。

 

ポイント取得制限(不正防止設定)

 

こちらのポイント取得制限では
以下の内容を設定できます。

  • 同日中に同じお客さまへの付与を許可しない
  • 指定時間以内に同じお客さまへの付与を許可しない

同じ人が何度もポイントを獲得できなくなり
様々な不正を防ぐことができるようになります。

この設定はQRコードに影響してくるので
むやみに変更することは避けるべきです。

※ポイントの付与の仕方の1つに
QRコードを活用した方法があります。

 

利用ガイド(利用時のルール)

 

LINE公式アカウントのショップカードで
特に時間をかける場所はここです。

どのようにポイントを付与するのか?
ポイントカード利用時の注意点はなにか?

などなど、利用者とトラブルにならないように
しっかりとルールを決めてここに記載します。

初期設定では、以下のように記載されています。
この内容を自由に変更することが可能です。

– 来店1回ごとに1ポイント付与されます。
– 1日に複数回来店されてもポイントは1ポイントのみ付与されますので、ご了承ください。
– 不正利用が発覚した場合は、これまでに獲得したポイントなどがすべて無効になる場合があります。

 

ランクアップカードを作成

常連さん向けに
ポイントカードをもう1つ
別で作成することも可能です。

この2つのポイントカードを
「ランクアップカード」といいます。

 

別のカードを用紙し
より豪華な特典を付与することで
お客さんに特別感を与えることができ
満足度も高まりリピート率も向上します。

 

設定方法は基本的に
最初に作成したショップカードと同じです。

 

このランクアップカード機能があることで
心理的に様々な戦略を行うことが可能となります。

 

LINEショップカードをリッチメニューへ表示する方法

リッチメニューへの表示

リッチメニューというのは
LINEトーク画面下部に表示される
画像付きのメニューのことです。

このリッチメニューを設定すると
お客さんがトーク画面を開くたびに
画像付きメニューが表示されるようになります。

 

LINE@のショップカード機能には
「リッチメニューへの表示」の項目がありました。
リッチメニューへの表示

しかし公式アカウントには
じつはこの項目がありません。

もしもLINE公式のリッチメニューに
LINEショップカードを設置したい場合は
PC版(LINE official account manager)から
リッチメニューを設定する流れになります。

 

やり方はシンプルです。

パソコンからリッチメニューを設定する際に
「カード取得用URL」を設定するだけでOKです。

※カード取得用URLは
「ショップカード」→「設定」
からゲットすることができます。

 

 

LINEショップカードの存在を
登録者へアピールするために
リッチメニューへ表示する戦略は
業種や目的によっては有効に働きます。

ただ、チャットをたくさん行うような
小規模なビジネスであれば
この表示を非表示にした方が
お客さんの満足度が上がる場合もあります。

 

LINEショップカードの宣伝は
別の方法でもすることができるので
お店の規模やビジネス形態を考え
お客さんの目線に立ち設定していきましょう。

 

LINE公式アカウントのショップカードを作成した後に。

LINEショップカード作成後広める

LINE公式アカウントのショップカード作成後は

  • スマートフォンにQRコードを表示
  • QRコードを印刷
  • ショップカードカード設定(編集)
  • ポイント付与履歴
  • URLをシェア

を設定することが
できるようになります。

 

LINEショップカードのポイント数を変更する方法

LINE@のショップカード機能には
「ポイント付与 画面設定」という項目から
付与するポイント数を変更できました。

※LINE公式アカウントのショップカード機能には
この「ポイント付与 画面設定」の項目はありません。

ポイント付与 画面設定

ただし、LINE公式アカウントでも
ポイント付与の数字を変更可能です。

基本的にポイントの数は
1回につき1ポイントですが
「ポイント付与」の項目の設定から
1度に付与できるポイントの数を
自由に(1から50まで)変更することができます。

 

「いついつまでに1回来店してくれた方には
ポイントを9ポイント差し上げます」

みたいこともできますし
アイデア次第でリピーターを増やすことが可能です。

 

 

最後に

LINEショップカードこれすごいです

LINE公式アカウントの無料ツール
「ショップカード」
の使い方をマスターすることで
リピーターの増加を期待できます。

店舗経営者はもちろん
ネットショップの経営者の方も
今後はLINEミニアプリと連動して
ショップカードを上手に活用することで
リピーターを増やすことが可能となります。

 

今まで紙でポイントカードを作成して
管理していた店舗経営者の方は
LINE公式アカウントのショップカードを
導入してみてはいかがでしょうか。

今の時代
LINE公式アカウントを活用するかしないで

業界によっては売上が大きく変動します。

是非、LINE公式アカウントの使い方をマスターし
リピーターを増やしてあなたのビジネスを加速させていってください。

 

 

 

 

2019年9月13日に
最新情報を追加しました

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」 , 2019 All Rights Reserved.