↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの使い方や活用方法などをわかりやすく解説

LINEのBITMAX(ビットマックス)とは?LINEのNFT販売時に必要?【概要を簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
LINEのビットマックス
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年9月17日。

LINEの国内暗号資産取引所が
ついに誕生することになりました。

その名は、BITMAX(ビットマックス)


参考:国内に向けた仮想通貨取引サービス「BITMAX」、本日より提供開始

 

LINEトークンエコノミーの今後に
大きく影響する大ニュースです♬

 

※LINEのBITMAX(ビットマックス)は
LINEPAY(ラインペイ)とも連動するため
日本人の仮想通貨(暗号資産)への入り口が
さらに大きく広がることを意味します。

LINEの国内暗号資産取引所「BITMAX(ビットマックス)」とは?

LINEの国内暗号資産取引所である
「BITMAX(ビットマックス)」とは何か?

簡単にわかりやすくまとめると
暗号資産(旧:仮想通貨)の交換や
購入などができるサービスです。

暗号資産取引所はたくさんありますが
いま日本で有名なのは「コインチェック」。

コインチェックのような暗号資産取引所事業に
LINEも参入したことでBITMAXが誕生しました。

 

LINEのBITMAXは日本専用で
LINEの海外専用の暗号資産取引所は
BITBOX(ビットボックス)」と呼ばれます。
※【2020年追記】BITBOXはBITFRONTに名称変更

BITBOX(ビットボックス)は2018年に誕生。
しかし、その対象国は日本とアメリカ以外。
なぜなら国の規制があったからです。

2019年9月17日に
あらゆる規制の網をクリアして
日本にも暗号資産取引所が誕生しました。

それが、LINEのBITMAXです。

LINE株式会社は以前からずっと
取引所開設の申請を出していたので
この時がくるのは時間の問題でした。

 

少しややこしいですが
海外用のBITBOX(ビットボックス)
日本用のBITMAX(ビットマックス)は
別のサービスとして提供されています。

BITMAX(ビットマックス)は日本専用で
国内暗号資産取引所として誕生しました。

 

LINEのBITMAX(ビットマックス)のトークンとは?NFTは関係ない?

LINEの国内暗号資産取引所「BITMAX(ビットマックス)」は、LINEが独自で発行する暗号資産「LINK」だけでなく、ビットコインなどの暗号資産も購入できます。

LINEのBITMAX上で
取扱ができる暗号資産は
以下の6つとなります。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ビットコインキャッシュ(BCH)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. LINK(LN)

LINEのBITMAX(ビットマックス)はLINEのNFT販売時に必要?

LINEのNFTを作成し販売するためには
LINEのNFTマーケットを利用する流れ。

 

じつはその時には
LINEのBITMAXではなく
LINEのBITMAXWalletが必要です。

つまり、LINEのNFT販売時には
LINEのBITMAXは必要ありません。

LINEのBITMAXはビットコインやLINKなどの暗号資産の売買や出庫ができるサービスですもんね

でも、LINEのNFTマーケットで出品するためにはLINEの暗号資産「LINK(リンク)」が必要なので、LINEのBITMAXアカウントの作成が必須になる可能性は高そうですね。

 

LINEトークンエコノミーとLINEの独自トークン

LINEトークンエコノミーでは
LINEの暗号資産「LINK」だけではなく
NFTというトークンも取引ができます。

 

LINK(リンク)は、LINEが開発した暗号資産です。

2018年に誕生した
LINEの暗号資産取引所である
BITBOX(ビットボックス)」から
外国人は購入が可能になりましたが
国の規制により日本人はLINKを
今まで購入することが不可能でした。

 

LINEの国内暗号資産取引所である
BITMAX(ビットマックス)が誕生した後も
日本人はLINEの暗号資産を購入することが
じつは2020年8月5日まではできませんでした。

 

 

LINEの国内暗号資産取引所「BITMAX(ビットマックス)」は危険?【LINEトークンエコノミーとの関係性とは】

LINEの暗号資産(仮想通貨)を取引可能な
LINEの国内暗号資産取引所「BITMAX」。

LINEの暗号資産(仮想通貨)については
ビットコインなどと同じではないので
意識して注意してほしいことがあります。

LINEの暗号資産(仮想通貨)は
Facebookの独自トークンと同じように
価格の変動が大きく起こることはない。

 

つまりビットコインのように
投資目的でLINEの暗号資産に
手を出す人は愚かといっていい。

 

LINEの暗号資産で1番重要な点は
LINEトークンエコノミーとの関連性。

 

ブロックチェーン技術を活用し
LINEが暗号資産を運営することで
様々な契約やインセンティブなどが
効率よく連動できるようになるため
個人でもお金を稼ぐ道がたくさん開かれることになる。

基本的にいままでは
積み上げてきたブランドや
信用のある会社が多く契約を取れる時代。

しかしこれからは
ブロックチェーン技術のおかげで
個人でもNFT販売などでお金を稼げる
そんな時代が到来することをなる。

 

わざわざ事務所に入って活動する人は
どんどん減っていくことになるでしょう。

LINEのNFTマーケットβ版とは何か?正式版はいつから?【簡単な言葉でわかりやすく解説】

 

BITMAX(ビットマックス)は無料で登録ができる?

BITMAX(ビットマックス)は無料で登録ができます。

ただしBITMAX上での日本円の入出金や
暗号資産の出庫には手数料が発生します。

暗号資産の売買については手数料はかかりませんが
スプレッド(買値と売値の差)が発生することになります。

 

BITMAX(ビットマックス)の手数料等の詳細

取引概要及び各種手数料

 

 

BITMAX(ビットマックス)のアカウント開設のお申し込み条件について

BITMAX(ビットマックス)のアカウント開設時、
以下の3つの状況を満たす人が対象者になります。

  1.  LINEアカウントをお持ちの方
  2.  満20歳以上かつ満75歳未満の方
  3. 日本国内に居住している方

 

LINEのビットマックスとLINE公式アカウント

LINEのビットマックスは
日本の暗号資産取引所として誕生。

さらにこれから、LINEの銀行「LINEbank」が誕生します。

 

LINE株式会社の決済革命は
まだまだ終わることはない。

むしろまだ入り口の一歩手前くらいです。

LINEトークンエコノミーの活性化により
日本や海外での様々な不便な取引が消滅し
ストレスフリーな決済処理が可能となる。

 

それだけではありません。

履歴の改ざんができないというと
ブロックチェーン技術のおかげで
不正が減り頑張った人が報われる
実力勝負の個人の時代が加速する。

 

あなたは準備できているだろうか。

Facebookの暗号資産はおそらく
様々な国の規制により
まだまだ進展することはない。

しかし、この時代の動きは
けして止まることはありません。

 

今では当たり前となった「不便」たちが
ブロックチェーン技術によって消滅する。

 

最新版のLINE公式アカウント
飲食店などの個人経営者だけでなく
様々な業種の中小企業経営者に利用され
LINEの決済革命を加速させるキーとなる。

 

そしてLINEのQRコードレジ「LINE Pay 据置端末」LINE Pay(ラインペイ)の「友だち追加機能」の連動技も店舗経営者にとって心強い決済の武器となっています。

 

これからの個人の時代へ向けて
LINEは様々な便利サービスをリリースし
着々とその利便性と認知度が向上中なのです。

 

LINEワークスはまだ認知度が低いですが
2018年11月に無料プランが登場したことで
利用者の層が急激に拡大を始めています。

 

LINEの決済革命はまだまだ終わらない。

 

LINE広告の費用対効果についても
年々その料金が安くなってきている。

 

LINEモバイルの普及とともに
LINEの財布「LINEPAY」の利用者や
利用できる場所も増え続けている。

 

LINEのLINK(リンク)を基盤として成り立つ
LINEの仮想通貨取引所「ビットマックス」は
LINE独自のブロックチェーン技術で成り立つことで
世界を不便から救ってくれるヒーローとなるだろう。

 

最後に

 

LINEの国内暗号資産取引所である
BITMAX(ビットマックス)とは何か?

LINEのNFTにも簡単に触れながら
簡単にささーと解説してみました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2019 All Rights Reserved.