↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの使い方や活用方法などをわかりやすく解説

LINEのNFTマーケットβ版とは何か?正式版はいつから?【簡単な言葉でわかりやすく解説】

WRITER
 
LINEのNFT
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年6月30日。
LINEトークンエコノミーを加速させる
LINEのNFTについて大発表がありました。

なんと!!LINE上でNFTの購入や販売ができる
LINEの「NFTマーケットβ」の提供スタート!!✨

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下「LVC」)は、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」において、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTアイテムの取引ができる「NFTマーケットβ」を本日より提供開始いたします。

引用:LINE BITMAX Wallet、「NFTマーケットβ」を本日より提供開始(2021年6月30日LINE社公式ニュース)

 

LINEのNFTマーケット!これはやばそう!

おお!!LINE上でNFTを購入したりプレゼントする人が増えて、LINEトークンエコノミーもこれから本格的に盛り上がるかもね!

。。。LINEのNFTってなに??なんかわからない言葉多すぎてつらい(´;ω;`)

まず、「NFT」とは何か?【LINEのNFTマーケットの基礎知識をわかりやすく】

 

NFT(Non-Fungible Token)とは、
ブロックチェーンの技術を活用して
限定的な価値を作り出すことができる
時代を大きく変える最新のトークンです。

  • Non(ノン)
  • Fungible(ファンジブル)
  • Token(トークン)

※NFTは日本語だと「非代替性トークン」と訳されます。

NFTの意味やすばらしさを理解するためには
まずブロックチェーンの理解が不可欠となります。

たしかに、ブロックチェーンのことを知らないと、NFTのことは理解できないと思う

NFTがすごい!って最近世間で騒がれているけど、本質的にはNFTがすごいというよりはブロックチェーンがすごいってことですもんね

なるほど、、とにかく、NFTを利用するためにはブロックチェーンが不可欠ってことなのか

そうだね、NFTを始めるためには、まずはブロックチェーンが必ず必要となる。

 

LINEは専用のブロックチェーンをもっているの?

LINEのブロックチェーンはもうすでにあるし、このLINEブロックチェーンを活用した様々なサービスがすでに誕生してるよ!

LINEでは、2018年4月に「LINE Blockchain Lab」を設立し、ブロックチェーン技術を応用したdAppsの開発や、P2Pネットワークによる分散システムや暗号化技術の研究を行ってまいりました。独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を開発し、それをベースとした独自暗号資産「LINK」の発行や、暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」および「BITFRONT」の運営など、グループ全体で様々なブロックチェーン関連の事業を進めています。

引用:LINE BITMAX Wallet、NFTの取引ができる「NFTマーケット」を提供予定(LINE社公式ページから抜粋)

LINEのNFTとは?【LINEアカウント1つで管理や交換、プレゼントが可能】

 

NFTにおいては、昨年8月に発表したブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」で、開発者が簡単に「LINE Blockchain」上でNFT等のトークンを発行しサービスを構築できる環境を提供しています。「LINE BITMAX Wallet」では、ユーザーは秘密鍵を持つことなくLINEアカウント一つで「LINE Blockchain」上で発行されたNFTを含むデジタルアセットを管理することができ、手軽にLINEの友だちと交換したり送りあうことができます。

引用:LINE BITMAX Wallet、NFTの取引ができる「NFTマーケット」を提供予定(LINE社公式ページから抜粋)

 

 

「NFTマーケット」が誕生すれば、LINEアカウント1つあればLINE上でNFTを簡単に購入できるようになりそうだね

LINEのNFTってすでにあったのか。。

LINEギフトのEギフトとかも、NFTとの相性が良さそうですよね

 

LINEのブロックチェーンを利用した
LINEの暗号資産「チェーンリンク(LINK)」を活用して
NFTマーケットのデジタル商品を販売したり購入したりできます。

 

LINEのNFTマーケットでデジタル商品の販売ができない!購入ができない!となる前に。

  • LINEのNFTマーケットの決済方法
  • LINEのNFTマーケットのネットワーク利用料
  • LINEのNFTマーケットを利用できない人

LINEのNFTマーケットで販売や購入する際の決済方法

LINEのNFTマーケットβでLINEのNFTを購入したり販売する際の決済方法は、現在はLINEの暗号資産「LINK」のみです。

※LINKの読み方:リンク

LINEの暗号資産は、最近はチェーンリンクと呼ばれることが多いです

LINEのNFTマーケットのネットワーク利用料

LINEのNFTマーケットのネットワーク利用料は、なんと無料です!

 

LINEのNFTマーケットを利用できない人

LINEのNFTマーケットは年齢制限がありませんが、じつは20歳以上じゃないとLINEのNFTマーケット上でデジタル商品を購入したり販売することができません!

-年齢制限は?
NFTマーケットβの閲覧に年齢制限はありません。
ただし、実際の取引はLINKで行われるため、LINE BITMAXがご利用いただける20-75歳の方が対象です。

引用:LINEでNFTを取引しよう!NFTマーケットβの手引き

LINEのNFTマーケット正式版はいつから利用できる?

LINEのNFTマーケットβ版は2021年6月30日にリリースされたけど、正式版はいつから利用できるの?

LINEのNFTマーケット正式版のリリース時期の詳しい日程についてはまだ発表がないけど、とりあえず2021年中だそうです!

 

NFTアイテムの二次流通市場を構築することで、ユーザー間での取引の中でNFTアイテムの付加価値が高まっていく場を提供し、エコシステム内で流通する価値の最大化を目指します。「NFTマーケット」正式版は、今夏の提供を予定しています。

引用:LINE BITMAX Wallet、「NFTマーケットβ」を本日より提供開始(LINE社公式ページから抜粋)

 

【2021年9月最新情報追記】

なお、「NFTマーケット」正式版は、より機能を充実させた形で年内に提供を開始する予定です。

引用:LINE BITMAX Wallet、「NFTマーケットβ」にて二次流通を本格開始

 

 

LINEのNFTマーケットとLINE公式アカウントはどんな関係がある?

 

LINEのNFTマーケットが誕生した後は
アーティストやデザイナーなどはもちろん
様々な業種の個人事業主や中小企業経営者も
このLINEのNFTを活用してビジネスを始めます。

どんな業種にも共通していえることですが
価値を作った後は集客する必要があります。

そして、LINE上でNFTを販売する際に
LINE公式アカウントはとても便利です。

なぜなら、LINEのNFTマーケットは
LINE上で管理されるNFTだからです。

LINE公式アカウントはLINEに直接アプローチでき
また、LINEミニアプリなどとも連動できるので
お客さんをスムーズに集客できる可能性が高いでしょう。

 

特にプロラインを導入している方などで
実感している人は増えている印象ですが
LINE集客の効果はあらゆる業種で抜群です。

 

ぜひあなたも、LINE上でNFTを広める際に
LINE公式アカウントを最大限に活用して
LINE集客の効果を実際に感じてみてください。

 

最後に

LINEのNFT

LINEトークンエコノミーを加速させる
LINEのNFTマッケートについて解説しました。

LINE上でNFTの購入や販売ができる
LINEの「NFTマーケット」
多くの人の人生を変える可能性を秘めています。

 

 

また最新情報がわかり次第
記事を更新していきますね✨

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2021 All Rights Reserved.