LINE Token Economy(ライントークンエコノミー)とは何か?簡単な言葉でわかりやすく解説【LINEの仮想通貨?】

WRITER
 
世界とビットコイン
この記事を書いている人 - WRITER -

LINE Token Economyとは何か?
あなたはその内容を知っていますか?

 

「LINEの仮想通貨?」
「LINK Point(リンクポイント)?」
「LINK(リンク)って??海外用の仮想通貨?」
「BITBOX(ビットボックス)って何?」
「LINKエコシステムって何。。」
「LINEのブロックチェーン?って何。。」

んもう!!
いろいろありすぎてよくわからない!!

 

そんな方は
ぜひ読んでいってください。

 

LINE Token Economy
(ライントークンエコノミー)とは何か?
その概要について
簡単な言葉でわかりやすく解説します。

 

 

LINE Token Economy(ライントークンエコノミー)とは何か?【わかりやすく解説】

ビットコイン

  • LINE(ライン)
  • Token(トークン)
  • Economy(エコノミー)

Token(トークン)の意味は「代用貨幣」、
Economy(エコノミー)の意味は「経済」です。

つまり、
LINEが作ったお金(代用貨幣)で回る経済圏。
それが、LINE Token Economyです。

ざっくりものすごく簡単に説明すると
LINEのサービスを使って
お金を稼ぐことができる環境のことです。

 

では、具体的に説明すると
LINE Token Economyとは何か?

実は、LINE Token Economyには
日本向けのサービスと
海外向けのサービスの2つがあります。

LINEトークンエコノミーを
しっかりと理解するコツは
日本のサービスと海外のサービスを
完全に分けて考えることです。

それぞれについて
以下でなるべくわかりやすく解説していきます。

  • 日本向けLINE Token Economy
  • 海外向けLINE Token Economy

日本向けLINE Token Economy(ライントークンエコノミー)とは?

LINE Token Economyの
日本向けのサービスでは
LINK Point(リンクポイント)で取引されます。

このLINK Pointは、1ポイント1円として
LINEポイント(LINEpay)に換金可能です。

 

LINK Point(リンクポイント)とは
LINEが作ったトークン(代用貨幣)の1つです。

トークンや仮想通貨ときくと、
ビットコインのイメージが強い現在。

「LINE Token Economy=LINEのビットコイン」
このように、よく意味がわからない
勘違いをしてしまう人もいるかもしれません。

まず、
仮想通貨=ビットコインでありません。
仮想通貨≧ビットコインです。

つまりビットコインは
仮想通貨の種類の1つにすぎません。

そして
日本向けLINE Token Economyは
ビットコインとは関係がありません。
※ビットコインが関係するのは
海外向けLINE Token Economyのみです。

 

「そもそも、ビットコインって何?」
「仮想通貨、、難しい。。」
という方もたくさんいることでしょう。

でも、安心してください。

日本人のほとんどの方は
日本向けLINE Token Economyのみを
今後利用することになります。

なのでビットコインについて
理解する必要はありません。

※実はビットコインを買っている人でも
ブロックチェーンの意味や仕組みを
ちゃんと理解していない人はたくさんいます。
ここで詳しく説明しても時間を奪い混乱を招くだけなので
ビットコインやブロックチェーンの解説は省略します。

 

海外向けLINE Token Economy(ライントークンエコノミー)とは?

ビットコイン

ビットコインと関係があるのは
LINE Token Economyの海外向けのサービスです。

海外向けLINE Token Economyでは
LINEのトークン「LINK Point」ではなく
LINEのトークン「LINK(リンク)」で取引がされます。

LINKはBITBOX上で他の仮想通貨(ビットコインなど)に交換可能です。

LINEの仮想通貨取引所は
BITBOX(ビットボックス)と呼ばれるもので
2018年7月17日からスタートされています。

ただし、日本ではまだ知名度が低い。
なぜなら日本では基本的に利用できないからです。
ちなみにアメリカでも利用不可です。

具体的には
日本とアメリカを除く地域で利用可能です。

つまりサービス提供地域は
日本と米国を除いた各国となります。

では、日本と米国以外の国に
住んでいればいいのか?
というとそうではありません。

海外に住んでいる日本人でも
サービスを利用することができないので
日本人はBITBOXをまだ利用することができません。

※現在、日本でも運営ができるように
LINEが申請を行っているようなので
いずれは利用できる可能性があります。

現在は日本人が利用できないため
海外向けLINE Token Economyについては
内容を詳しく理解する必要はまだありません。

 

専門用語ばかりで
混乱する方も多いと思うで
わかりやすくまとめます。

【日本向けLINE Token Economy】
LINK Point(リンクポイント)を稼ぐことができる。
LINK PointはLINEポイント(LINEpay)に換金可能

 

【海外向けLINE Token Economy】
LINK(リンク)を稼ぐことができる。
LINKはBITBOX上で他の仮想通貨(ビットコインなど)に交換可能

 

LINEの仮想通貨取引所である
BITBOX(ビットボックス)」は
日本とアメリカを除く海外の人のみ利用可能。

 

なぜLINEのトークンは2つあるのか?【LINK PointとLINKの違い】

LINEのトークン(代用通貨)は
LINK PointとLINKの2つがあります。

なぜLINEのトークンは2つあるのか?

結論からいうと
国の法律的な問題が原因です。

法律の規制を意識した結果
2つに分かれることになったそうです。

※LINEトークンエコノミーの構想発表会にて
LINE株式会社の代表もそういった内容を話していました。

 

LINK PointとLINKの取引の履歴などは
LINEのブロックチェーン「LINK Chan」上に記録されます。

 

LINE Token Economy(ライントークンエコノミー)のサービス一覧

これからサービスが開始される予定の
LINE Token Economyのサービスについてまとめていきます。

予定されているサービスは
以下の5つのサービスです。

  1. 知識共有プラットフォーム「Wizball」
  2. 未来予想プラットフォーム「4CAST」
  3. 商品レビュープラットフォーム「Pasha」
  4. グルメレビュープラットフォーム「TAPAS」
  5. ロケーションSNSプラットフォーム「STEP(仮)」

これらのサービスを利用することで
インセンティブ(報酬)を得ることができるようになります。

そのインセンティブ(報酬)は
LINEポイントで支払われます。

LINEポイントは
LINEPAYに換金可能です。
※1ポイント=1円

つまりLINEを活用して
誰でもお金を稼ぐことができるようになります。

 

 

知識共有プラットフォーム「Wizball」

知識共有プラットフォーム「Wizball」とは
知識共有のためのQ&Aプラットフォームです。

LINEが昔提供していて
2018年1月にサービスが終了した
LINEQというサービスが
「Wizball」に進化したイメージです。

 

質問に答えることで
インセンティブ(報酬)を得ることが可能です。

インセンティブはLINEポイントでもらえます。
※報酬の金額については
多くの人に共有されるほど高くなる傾向があります。

LINE独自のブロックチェーン(LINK Chain)を基盤としています。

 

未来予想プラットフォーム「4CAST」

未来予想プラットフォーム「4CAST」とは
質問に対する答えを予測してその予測が当たると
インセンティブ(報酬)がもらえるプラットフォームです。

「今年優勝するチームはどのチーム?」
「Amazonのランキングで1位になるのは?」
などなど。

未来予想プラットフォーム「4CAST」には
様々な質問が用意されていて
その質問の答えを予想して回答することで
コミュニティに参加することができます。

そしてその予想が当たれば
インセンティブ(報酬)がもらえます。

大きな報酬は期待できないので
暇な時に参加して楽しむイメージかと思います。

 

商品レビュープラットフォーム「Pasha」

商品レビュープラットフォーム「Pasha」は
商品の写真をスマホで撮ることで
その商品のレビューが簡単に投稿できたり
その商品を検索できるプラットフォームのことです。

商品レビュープラットフォーム「Pasha」上では
ユーザーが投稿した情報で構成されています。

投稿やレビューなどのアクションをしたユーザーに、
インセンティブが付与される仕組みになっているため
誰でも簡単にお金を稼ぐことが可能です。

 

グルメレビュープラットフォーム「TAPAS」

グルメレビュープラットフォーム「TAPAS」は
日本全国にある飲食店のレビュー情報などを
簡単に投稿して共有することができる
グルメレビュープラットフォームです。

 

実際にお店に訪れた時にもらった
「レシート」をカメラで読み込むことで
レビューを投稿することができます。

レシートで読み取った後に
お店について

  • 評価
  • コメント
  • 写真

などの情報を簡単に投稿することができます。

※ちなみに店舗の情報や
買ったメニューなどは、
レシート読取り時に自動的に反映されます。

投稿やレビューなどをするだけで、
インセンティブ(報酬)を得ることができるので
誰でもお金を稼ぐことが可能です。

 

 

ロケーションSNSプラットフォーム「STEP(仮)」

ロケーションSNSプラットフォーム「STEP(仮)」は
レジャーや旅行などで訪れた場所の写真や
情報などを投稿することができる
LINEのSNSプラットフォームです。

アップした写真に位置情報とタグを入力することで、
旅行の写真や情報を「BOOK」としてまとめることができます。

また、そのBOOKを公開して
たくさんの人にみてもらうことで
インセンティブ(報酬)の金額が増えていきます。

 

 

最後に

 

LINE Token Economy
(ライントークンエコノミー)とは何か?
なるべくわかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です