↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの使い方や活用方法などをわかりやすく解説

LINE Blockchain(ラインブロックチェーン)とは何か?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
LINEのブロックチェーン
この記事を書いている人 - WRITER -
【追記】LINK Chain(リンクチェーン)の名称が
LINE Blockchain(ラインブロックチェーン)に変更されました

「LINK」は、LINEが独自に開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain(旧名称:LINK Chain)」を用いて発行された暗号資産で、サービス成長に貢献したユーザーに向けたインセンティブとして、還元する目的で誕生しました。

引用:LINEの独自暗号通貨「LINK」、日本上場 本日よりBITMAXにて取扱い開始

 

 

 

LINE Blockchain(ラインブロックチェーン)
「旧名:LINK Chain(リンクチェーン)」とは何か?

 

この記事で簡単にわかりやすく
概要をささーと解説していく。

LINEのブロックチェーンについて
その内容をスパパっと把握したい方は必見。

LINE Blockchain(ラインブロックチェーン)公式サイト

 

LINE Blockchain(ラインブロックチェーン)とは?

LINEトークンエコノミーにおいて
LINEは独自のブロックチェーンである
LINE Blockchain(ラインブロックチェーン)を使用。

LINEのブロックチェーンといえば
このLINE Blockchainのことを指す。
※LINK Chain(リンクチェーン)から名称が変更

 

ブロックチェーン=仮想通貨ではない。

ブロックチェーンは
暗号資産(旧:仮想通貨)の信用を
保つために存在する。

 

新しい技術なので
まだその活用法やメリットを
具体的にイメージできない人も多い。

それでも時代は前へ前へと進む。
未来がみんなに教えてくれるだろう。

ブロックチェーン技術は
なにも暗号資産(旧:仮想通貨)のためだけに
この世界に生まれてきたのではない。

この最新技術は
暗号資産以外でも様々なことに
活用することが可能なのだ。

 

LINE株式会社は新しい技術である
このブロックチェーン技術を活用し
LINEトークンエコノミーを開始。

LINEブロックチェーンを独自開発し
LINEユーザーへの公平な還元を可能とした。

LINEユーザーへの公平な還元とは何か?

LINEユーザーへの公平な還元とは
働きに見合う還元(報酬)のことだ。

わかりやすくまとめると
LINEトークンエコノミー内おいて
何かの働きをした人に対しての
その働きに見合う還元(報酬)のこと。

頑張った人には頑張った分だけ
インセンティブ(報酬)が支払われる。

ブロックチェーン技術でその環境を作成し
LINEトークンエコノミーはこの世に誕生した。

 

このインセンティブ(報酬)とは
LINEPAY(ラインペイ)などにも換金可能な
以下のLINE独自トークンである。

  • LINKPOINT(リンクポイント)
  • LINK(リンク)

これは豆知識だが
この報酬(LINEのトークン)の発行元は
シンガポールにあるLINEの関係会社だ。
※会社名:LINE TECH PLUS PTE. LTD.

LINE TECH PLUS PTE. LTD.(所在地:シンガポール)は、LINE株式会社およびLINEの仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するグループ会社であるLVC株式会社、両社の傘下であり、日本・米国を除くグローバルにおいて取引可能な仮想通貨交換所「BITBOX」を、2018年7月16日より提供、運営している会社です。「LINK Point」、「LINK」の発行元となります。

 

なぜLINEはブロックチェーン技術を導入することを決めたのか?

LINEがブロックチェーン技術を導入した理由。

その理由は明白だ。

結論からというと
しっかりと公平な還元をするため。

仮想通貨で億り人を出すためじゃない。

LINE株式会社はLINEユーザーへ対して
しっかりと公平な還元をするために
ブロックチェーン技術を導入したのだ。

 

「公平な還元」を実現するためには
透明性と安全性の2つが必須となる。

ブロックチェーン技術を活用すれば
この2つを確保することができるのだ。

つまり、LINEのブロックチェーンは
LINEユーザーへ公平な還元をするため、
透明性と安全性を確保するために存在する。

LINEの暗号資産(旧:仮想通貨)「LINK」も
このブロックチェーン技術のおかげで
信用が担保されて存在することができている。

 

暗号資産だけじゃない。

サービス内でのコンテンツや
LINEユーザーの自己証明など
様々なことでブロックチェーンは
その実力を多いに発揮することになる。

 

LINEのブロックチェーン技術「LINE Blockchain」とは?

 

「透明性と安全性の確保」。

今までは人間間の信用の上に
これらが成り立っていたが
LINEトークンエコノミーでは違う。

独自のブロックチェーンネットワーク
「LINE Blockchain(旧:LINK Chain)」が
これらの要素を成立させることになる。

 

 

ちなみにブロックチェーン技術は
現在誰でも活用することができる。

たとえ個人だとしても
自分だけのブロックチェーンを作成し
自分だけの仮想通貨を作ることができる。

LINEのブロックチェーンネットワークは
その中でも高性能で安全性が格段に高い。

■ブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」について

「LINK Chain」は、LINEの独自のブロックチェーンネットワークの基盤(メインネット)です。単一スレッド上で1秒当たり1,000以上のトランザクションを処理できる高性能ブロックチェーン・コアネットワークと、LINEが培ってきたプラットフォーム構築における技術を融合させ、開発しております。

※LINK Chainは名称がLINE Blockchainに変更

 

 

LINEがブロックチェーンを最大限活用することで
これまで堂々と存在していた不便たちは
この世界から少しづつ姿を消すことになるだろう。

 

 

人間間の信用の上に成り立つ契約より
ブロックチェーン上で成り立つ契約の方が
透明性と安全性が高いことは言うまでもない。

 

今まで、契約にどれだけ手間がかかったんだ。
報酬を得るためになぜ仲介業者へ報酬を支払う。

ブロックチェーン技術が存在するのに
なぜかこの世界に居座っている不便たち。

便利たちが活躍する時代の幕は明けている。

 

まとめ

LINEのブロックチェーンについて
簡単にささーっと解説した。

 

LINEのブロックチェーンである
「LINE Blockchain(LINK Chain)」は
あまり目立たない存在かもしれない。

しかしLINEトークンエコノミーにおいて
LINKブロックチェーンは心臓だ。

LINKブロックチェーンのおかげ
LINE Blockchainエコシステムはその仕組みを維持でき
LINEの暗号資産(旧:仮想通貨)は初めて存在できるのである。

 

LINE Blockchain(ラインブロックチェーン)公式サイト

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2019 All Rights Reserved.