LINE広告の費用対効果や使用のタイミングについて【LINEマーケティングの最終兵器】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

いきなりですが

LINE広告って
知っていますか?

 

Facebook広告や
YouTube広告などは
知っている方も多いと思いますが

LINE広告については
まだほとんどの方が
その内容や効果を理解していません。

 

たしかに。。
LINE広告なんてきいたことすらないよ

 

個人事業主や中小企業が
LINEを活用し集客をする際に
このLINE広告は
将来的に大きな効果を発揮する
欠かせない手段となります。

 

「将来的に」とつけたのには
理由があります。

 

LINE広告の費用は現在高い。
個人ではなかなか
手の出せない金額です。

 

2016年現在
LINEマーケティングにおいて
個人事業主や中小企業が
LINE広告を使うことは
あまりおすすめできません。

 

しかし、徐々に
LINE広告の費用は
安くなっていきます。

そして
費用が安くなるだけではなく
費用対効果も良くなっていきます。

 

つまり

LINEマーケティングにおいて
LINE広告の重要性は

今後右肩上がりに強まっていきます。

 

現在
LINE@(ラインアット)の価値に気づき
このブログを読んでいるあなたは
さすがです。

なぜLINE広告の費用が安くなっていくと
断言できるのか?

なぜ、LINE広告の費用対効果は
将来的に良くなるってわかるのか?

気になるLINE@運営者の方は
是非読んでいってください。
あなたが記事を読んでくれる時間を
私は決して無駄にはさせません。

関連:行列をつくるLINE@(ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】

LINE広告の費用はいくら?

LINE@(ラインアット)の料金(費用)はいくらなの?

LINE広告の費用は
2016年6月まで
4,000万円近くの資金が必要だったため
個人事業主や中小企業では
まったく手が出せないものでした。

 

2016年6月になってからは
LINE Ads Platformが公開されたことで
LINE広告の費用も安くなり
誰でも広告を出せるようになりました。

 

ただそれでも
最低100万円は必要です。

 

え。。。高っ!!!

 

「え。。。高っ!!!!!!」
って思った方は
LINE広告を実施するのを
もう少し待った方がいいです。

 

あなたの業種にもよりますが
今はFacebook広告の方が
基本的に費用対効果がよくなります。

 

 

LINE広告の費用対効果は
これから徐々によくなっていきます。

 

 

LINE広告の費用対効果について

費用対効果

LINE広告には
LINEのタイムラインへの広告があります。

 

LINEのタイムラインの利用者は
少しづつ増えてきていますが
まだまだその認知度が低いです。

 

あなたは
Facebookのタイムラインと
LINEのタイムライン、
どちらをよくみますか?

 

 

 

年齢層にもよりますが
2016年8月現在、ほとんどの方が
「Facebookのタイムライン」と答えます。

LINEのタイムラインがダメかいうと
そういう訳ではありません。

 

LINEのタイムライン広告は
今後、より効果を発揮していきます。

 

なぜなら2016年6月に
ハッシュタグタグ付け機能が加わり
拡散性が増してきているからです。

さらに2016年8月に
タイムラインの「いいね」機能が
アップデートされたことで
バイラルマーケティングがしやすい環境が
整ってきています。

なるほど!
タイムラインが拡散される仕組みが出来てきてるんだね!!

 

LINEのタイムラインの認知度が高まり
LINE広告の費用対効果もよくなります。

 

 

また
LINELIVE(ラインライブ)の個人開放に伴い
LINEの利用者の属性を
把握しやすくなります。

LINE株式会社は
LINEゲームや
LINEニュースだけでなく
LINELIVEやLINEコマース
LINEQなど様々なLINEアプリから
LINEの利用者の情報を得ることができるため
属性を分類しターゲティング広告を
うてるようになります。

 

 

たしかに。
みんながいつも使っているLINEなら、不可能じゃないね。

 

これにより
LINE広告の費用対効果は
さらによくなります。

 

LINE広告の今後について

未来へ走るワンちゃんと女性

2016年7月にLINEは
日本とアメリカで
同時上場をしました。

アメリカ上場に伴ってか

2017年から
アメリカのLINE利用者が
大幅に増える

イケてない人

このような発信をしている方もいますが
この考えは大きな間違いです。

 

なぜなら
これから2017年にかけて
LINEが進んでいく道は
日本や東南アジアの地盤固めだからです。

 

 

アメリカのシェアをとるためには
時間がかかります。

競合のワッツアップ
ウィーチャットの動きから考えても
LINEが2017年中にアメリカのシェアをとることは不可能に近いです。

 

「日本や東南アジアの地盤固め」
というLINE株式会社の方向性から

「LINE広告の費用は安くなり
費用対効果がよくなっていく」
という流れが導き出せます。

 

つまり
どういうことかというと

日本と東南アジアの
地盤固めをするために
LINEをビジネスで利用する層へ向けた
内部の機能がさらに進化する
ということです。

 

LINE広告は
LINEマーケティングの最終兵器として
その存在感を増してくるであろうと
私は予想しています。

 

 

最後に

LINE広告の費用対効果

LINE集客をする上で
LINE広告の費用対効果の流れを
意識することは大切です。

 

広告費をかけずとも
LINE集客は行うことができますが
少し時間がかかります。

  • LINEのタイムラインの認知度の向上
  • LINEモバイルの普及率増加
  • LINELIVE(ラインライブ)の利用者増加
  • LINE@とネットショップの連動性の増加
  • LINE@(ラインアット)の利用者増加

 

これらの方向へ
今後右肩上がりに進んでいくことで
LINE広告の費用対効果はよくなる。

 

様々なSNSが普及している現在
広告で大切なのは

  • ターゲティングができること
  • 拡散性があること

この2つです。

 

2016年8月現在でいうと
広告の中で1番費用対効果がいいのは
Facebook広告です。
(業種や目的によりますが)

 

Instagram広告
徐々に費用対効果がよくなっているので
アパレル関係や飲食関係などの
画像で訴求するタイプの業種は
目が離せません。

 

現在
LINE広告を利用する個人事業主や
中小企業はほとんどいませんが
今後必ず増えます。

 

早いうちにLINE@を作成し
LINEマーケティングを意識していってください。

 

【追記】

LINEマーケティングを行う上で重要な
LINE@(ラインアット)集客について
以下の記事でまとめました。

【2018年最新版】プロが教えるLINE@(ラインアット)集客のすべて【LINEマーケティング最前線】

行列をつくるLINE@(ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】

 

 

 

【そろそろです。LINE@は爆発します。】↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です