最新情報!今ならLINEステップが無料で体験できます!

2018年最新!LINE@集客ツール

LINE@初心者向き
LINE@ATMシステム

■LINE@の達人向き
LINEセールスマネージャー
(LINEステップ)

今なら30日間無料で利用可能


 

      2018/04/18

噂のLINEWORKS(ラインワークス)とは何か?費用や機能も解説!

 

【2018年からLINE@が爆発する。】

今なら無料セミナーに参加するだけで
LINE@完全攻略法も無料でもらえます!

LINE@完全攻略法を無料でゲットできるセミナー詳細へ


 

2017年2月2日。

なんと!
法人向けチャットサービス
LINEWORKS
が開始されました!!

「LINEワークスとは
いったい何なのか」

「LINEWORKSは
どのくらい費用かかるのか」

「ラインワークスは
どんなことができるのか」

これらの疑問は
この記事を読むことで
すべて解決します。

 

変化に敏感なイケているあなたは
きっとLINEWORKSに興味をもっているはず。

LINEマーケティングにも触れて
徹底解説しているので
是非読んでいってください。

 

関連:LINEWORKS(ラインワークス)を導入する前に!その費用や料金を徹底解説します。

 

LINEWORKS(ラインワークス)とは何か?

仕事場

LINEWORKSは
法人や団体用のLINEサービスです。

なので法人や団体しか
LINEWORKSの利用を
開始することができません。

LINEワークス

※特に審査などはないので
法人をもっていない方でも
利用を開始出来ます。

LINEWORKSは基本的に
社内、団体内でのやり取りや
連絡の共有などに使用されることを
前提としています。

法人、団体の中でも特に
従業員の数が多い法人や
メンバーの数が多い団体に対して

LINEWORKSは相性がいいです。

 

また
社内、団体内での利用が便利なだけでなく
社外、団体外のLINEユーザーとも
やり取りすることができます。

「え?
LINEWORKS最強じゃない?」

と思う方もいるかと思います。

LINEWORKSは
たしかに、けっこう最強です。(^^)

ただ
法人であれば必ず導入すべき
という訳ではありません。

まずは
LINEWORKSはいったい
どんなことができるのか
その機能について
以下で解説していきます。

LINEWORKS(ラインワークス)の機能について

様々な機能

 

LINEWORKSには
どんな機能があるのか
サクッと知りたい方は
以下の動画がとてもわかりやすいのでおすすめです。

LINEWORKSには
以下のような機能が備わっています。

  • トーク機能
  • ホーム機能
  • アドレス帳機能
  • メール機能
  • カレンダー機能
  • Drive(ドライブ)機能
  • 管理機能

それぞれについて
どんなことができるのか
解説していきます。

ちなみに
LINEWORKSを作成した場合
普通のLINEアプリとは別で
アプリが形成され、
LINEWORKS上でトークなどを行うことになります。

LINEWORKSアプリ

トーク機能

普通のLINEアプリと同じような感覚で
LINEトークをすることができます。

「LINEWORKS 対 LINEWORKS」

でもトークできますし

「LINEWORKS 対 普通のLINEアプリ(顧客)」

でもトークすることが可能です。

 

基本的に社内や団体内で活用する場合は

「LINEWORKS 対 LINEWORKS」

でトークすることになり

顧客とのやり取りの場合は

「LINEWORKS 対 普通のLINEアプリ(顧客)」

になる可能性が高いです。

LINEWORKSのトークについては
トーク機能紹介
で詳しく解説されています。

ホーム機能

ホームボタン

LINEWORKSのホーム機能は
社内や団体内で確認し合う
掲示板のようなものです。

LINEワークスのホームは
基本的に以下のようなイメージです。

  • LINEでいうタイムライン
  • LINE@でいうホーム

このホーム機能は
とても優れていて
様々なことができてしまいます。

例えば
「既読」を個別単位で把握できるため
まだホームをみていない人などを
すぐに確認することが可能です。

「へぇー便利だね!
具体的に
LINEワークスのホームの機能教えてほしい!」

具体的には
以下のような機能が備わっています。

  • 掲示板タイプ[PC版]
  • 必読表示の機能[PC版]
  • 各アイコンの機能[PC版]
  • マイ投稿[PC版]
  • アカウントメニュー[PC版]
  • 投稿の既読確認機能[PC版]
  • 各アイコンの機能[モバイル版]
  • 投稿者プロフィールの表示[モバイル版]
  • 投稿の既読確認機能[モバイル版]

これらの機能の詳細については
機能説明」で詳しく解説されています。

 

アドレス帳機能

アドレス帳

アドレス帳では
LINEWORKSに登録されている
社内や団体内のメンバーの情報を
確認することができます。

普通のLINEアプリで例えると
メニューの1番左にある
「友だち」と同じような場所です。

友達

 

このアドレス帳から
LINEを送りたい社員を選択し
メッセージを送ることができます。

また、無料電話なども可能です。

 

メール機能

メール機能

このメール機能は
とても便利な機能ですが
料金プランによっては
利用できない場合があります。

LINEWORKSのメール機能は
外部のメールを転送して
メールを受信することができます。

つまり
GmailやHotmailなどで受信したメールを
LINEWORKSへ転送することが可能です。

他にも
個別メールを一斉送信したり
メモ機能を活用できたりと
様々な機能が備わっています。

すべての機能を説明すると
この記事の文字数は
とんでもないことになるので
LINEWORKSのメール機能については
また別の記事でまとめていきます。

操作手順については
操作手順」で紹介されています。

 

カレンダー機能

白いカレンダー

カレンダー機能は
社内や団体内で予定を共有するのに
とても役立ちます。

料金プランによっては
カレンダー機能を利用できません。

タクス管理などもできるため
とても便利です。

カレンダーの機能については
機能説明」で詳しく解説されています。

LINEWORKS(ラインワークス)は導入すべきか?

疑問をもった棒人間

「LINEWORKSは導入すべきか?」
って、、、
こんなに色々な機能が使えるなら
絶対導入すべきでしょ!

ちょっと待ってください。
無料であれば
必ず導入すべきです。

しかし
LINEWORKSには
無料プランがありません。

なので
本当に必要かどうか
しっかりと検討する必要があります。

無料じゃないんだ!
まぁそうだよね。

いったいどのくらい費用がかかるの?

LINEWORKS(ラインワークス)の費用や料金について

ニコニコマーク

LINEWORKSの料金プランは
全部で3種類あります。

  • ライトプラン
  • ベーシックプラン
  • プレミアムプラン

ライトプラン

ラインワークスライトプラン

LINEWORKSの料金で1番安いプランが
ライトプランです。

月額プランの場合は
月々360円です。

年額でお支払をすると
月々300円になるので
年間で720円(60円×12ヶ月)分
お得になります。

  • トーク機能
  • 無料音声
  • ビデオ通話
  • ホーム機能(掲示板)
  • アドレス帳機能(組織対応型)
  • 管理機能
  • セキュリティ機能
  • 監査ログ機能
  • モニタリング機能
  • SLA保証

このライトプランでは
これらの機能を利用することができます。

メール機能や
カレンダー機能、
Drive機能、
アーカイブ機能は
利用することができません。

 

ベーシックプラン

ラインワークスベーシックプラン

LINEWORKSの料金で2番安いプランが
ベーシックプランです。

月額プランの場合は
月々600円です。

年額でお支払をすると
月々500円になるので
年間で1,200円(100円×12ヶ月)分
お得になります。

 

  • トーク機能
  • 無料音声
  • ビデオ通話
  • ホーム機能(掲示板)
  • アドレス帳機能(組織対応型)
  • メール機能(30GB/1ユーザー)
  • カレンダー機能
  • Drive機能(30GB/1ユーザー)
  • 管理機能
  • セキュリティ機能
  • 監査ログ機能
  • モニタリング機能
  • SLA保証

このベーシックプランでは
これらの機能を利用することができます。

アーカイブ機能は
利用することができません。

プレミアムプラン

ラインワークスプレミアムプラン

LINEWORKSの料金で1番高いプランが
プレミアムプランです。

月額プランの場合は
月々1,200円です。

年額でお支払をすると
月々1,000円になるので
年間で2,400円(200円×12ヶ月)分
お得になります。

  • トーク機能
  • 無料音声
  • ビデオ通話
  • ホーム機能(掲示板)
  • アドレス帳機能(組織対応型)
  • メール機能(無制限/1ユーザー)
  • カレンダー機能
  • Drive機能(1TB/1ユーザー)
  • 管理機能
  • セキュリティ機能
  • 監査ログ機能
  • モニタリング機能
  • SLA保証
  • アーカイブ機能

このベーシックプランでは
LINEWORKSの機能を
すべて利用することができます。

ベーシックプランとの大きな違いは
メール機能とDrive機能の容量です。

LINEワークスの費用や料金については
以下の記事でさらに詳しく解説しています。

LINEWORKS(ラインワークス)を導入する前に!その費用や料金を徹底解説します。

 

最後に

弊社もLINEWORKSを導入しよう

LINEWORKS(ラインワークス)について
疑問が解決できましたでしょうか?

LINE@は無料プランがありますが
LINEWORKSの料金プランの中には
無料プランがありません。

なので導入する際は
しっかりと検討する必要があります。

 

現在、30日間の
無料トライアルを行っているので
興味のある方は
まずはこのトライアルで
LINEWORKSをいじってみてください。

LINEWORKS無料トライアルはこちら

 

私もまだ導入したばかりなので
今後さらにこの記事を更新していきます。

そのうち
LINEWORKSのメリットやデメリット
などの記事も作成する予定です。

LINEマーケティングについては
以下の記事が参考になるかと思います。

行列をつくるLINE@(ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】

※↑時代の最先端のノウハウが詰まっています。是非あなたも受け取ってください。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -