最新情報!今ならLINEステップが無料で体験できます!

2018年最新!LINE@集客ツール

LINE@初心者向き
LINE@ATMシステム

■LINE@の達人向き
LINEセールスマネージャー
(LINEステップ)

今なら30日間無料で利用可能


 

      2018/04/03

LINEWORKS(ラインワークス)を導入する前に!その費用や料金を徹底解説します。

 
LINEワークスの費用や料金

【2018年からLINE@が爆発する。】

今なら無料セミナーに参加するだけで
LINE@完全攻略法も無料でもらえます!

LINE@完全攻略法を無料でゲットできるセミナー詳細へ


 

 

LINEワークス?
なにそれ??

2017年2月2日からスタートした
LINE株式会社が提供する新サービスだよ

そうなんだ!
めっちゃ気になる!
どんなサービスなの?

 

法人用のLINEサービスだよ☆
LINEWORKSについては
以下の記事を読めば
どんなサービスなのかだいたいわかると思う

噂のLINEWORKS(ラインワークス)とは何か?費用や機能も解説!

ありがとう!
LINEWORKSの費用も
解説してるんだね!

うん!ザックリだけどね☆
LINEワークスの費用や料金について
もっと詳しく知りたい!
って方は
この記事で徹底解説されているから
是非みていくといいと思う

費用とかが1番気になるから嬉しい!
LINEワークス導入前にちゃんと確認しないとね

LINEWORKS(ラインワークス)の料金プランは全部で3つ!

LINEWORKS(ラインワークス)の料金プランは、以下の3つです。

  • ライトプラン
  • ベーシックプラン
  • プレミアムプラン

ライトプラン

ラインワークスライトプラン

LINEWORKS(ラインワークス)のライトプランの料金は表の通りです。

ちなみにこの料金は税抜き金額です。

つまり

  • 年額プランの場合
    月々324円(300円×1.08)
  • 月額プランの場合
    月々388円(360円×1.08)

が税込金額になります。

 

LINEWORKS(ラインワークス)のライトプランでは
以下の機能を利用することが可能です。

  • トーク機能
  • 無料音声
  • ビデオ通話
  • ホーム機能(掲示板)
  • アドレス帳機能(組織対応型)
  • 管理機能
  • セキュリティ機能
  • 監査ログ機能
  • モニタリング機能
  • SLA保証

 

※SLA保証は
無料トライアル期間には対応していません。

 

LINEワークスのライトプランの場合
共有ストレージの基本容量は
100GBとなります。

この共有ストレージは

  • トーク機能
  • ホーム機能
  • ノート機能

これらで使用される
ストレージ容量を差します。

 

ベーシックプラン

ラインワークスベーシックプラン

LINEWORKS(ラインワークス)のベーシックプランの料金は
表の通りです。

ライトプランと同じく
この料金は税抜き金額となります。

つまり

  • 年額プランの場合
    月々540円(500円×1.08)
  • 月額プランの場合
    月々648円(600円×1.08)

が税込金額になります。

LINEWORKS(ラインワークス)のベーシックプランでは
以下の機能を利用することが可能です。

  • トーク機能
  • 無料音声
  • ビデオ通話
  • ホーム機能(掲示板)
  • アドレス帳機能(組織対応型)
  • メール機能(30GB/1ユーザー)
  • カレンダー機能
  • Drive機能(30GB/1ユーザー)
  • 管理機能
  • セキュリティ機能
  • 監査ログ機能
  • モニタリング機能
  • SLA保証

 

ライトプランと
ベーシックプランの大きな違いは

  • メール機能(30GB/1ユーザー)
  • カレンダー機能
  • Drive機能(30GB/1ユーザー)

この3つの機能が
使えるかどうかです。

 

LINEWORKS(ラインワークス)のベーシックプランの場合
共有ストレージの基本容量は
1TBとなります。

この共有ストレージは

  • トーク機能
  • ホーム機能
  • ノート機能

のストレージ容量だけでなく
Drive(グループフォルダ)での使用分も
対象に含まれます。

プレミアムプラン

ラインワークスプレミアムプラン

LINEWORKS(ラインワークス)のプレミアムプランの料金は
表の通りです。

ライトプラン、
ベーシックプランと同じく
この料金は税抜き金額となります。

つまり

  • 年額プランの場合
    月々1,080(1,000円×1.08)
  • 月額プランの場合
    月々1,296(1,200円×1.08)

が税込金額になります。

LINEWORKS(ラインワークス)のプレミアムプランでは
以下の機能を利用することが可能です。

  • トーク機能
  • 無料音声
  • ビデオ通話
  • ホーム機能(掲示板)
  • アドレス帳機能(組織対応型)
  • メール機能(無制限/1ユーザー)
  • カレンダー機能
  • Drive機能(1TB/1ユーザー)
  • 管理機能
  • セキュリティ機能
  • 監査ログ機能
  • モニタリング機能
  • SLA保証
  • アーカイブ機能

ベーシックプランと
プレミアムプランの大きな違いは

  • メール機能(無制限/1ユーザー)
  • Drive機能(1TB/1ユーザー)
  • アーカイブ機能

メール機能とDrive機能の容量と
アーカイブ機能です。

このアーカイブ機能は
最長で10年間のログ保管できます。

 

LINEWORKS(ラインワークス)のベーシックプランの場合
共有ストレージの基本容量は
10TBとなります。

この共有ストレージは
ベーシックプランと同じく

  • トーク機能
  • ホーム機能
  • ノート機能

のストレージ容量だけでなく
Drive(グループフォルダ)での使用分も
対象に含まれます。

年額プランと月額プランの違いについて

ラインワークスライトプランラインワークスベーシックプランラインワークスプレミアムプラン

ライトプラン、
ベーシックプラン、
プレミアムプラン、

それぞれのプランに
年額プランと月額プランがあるけど
これ具体的にどんな違いがあるの?
なんとなくはわかるけど。。

この年額プランと月額プランは
支払い方法の違いです。

つまり
LINEWORKS(ラインワークス)を契約する場合
2種類の契約プラン(年額と月額)があります。

年額プランについて

年額プランは
利用ライセンス数をあらかじめ決定し
1年単位で支払いをするプランです。

てことは、年内に
新たに人数を追加することができないってこと?

 

いや
増えるのは問題ないよ!
けど、
もし減る場合は
LINEワークスの料金が返金されることはないから
損をしちゃう可能性があるね。

なるほど
だったらまとめて払った方がお得かもね

年額プランは契約は
1年単位で更新します。

ちなみに
支払いはまとめて年払いするのではなく
ご契約ライセンス数に応じて
毎月の支払いとなります。

年額プランで1年契約することで
月額プランよりも
LINEWORKS(ラインワークス)の費用が少し安くなります。

年額プランと月額プランの料金比較

月額プランではなく
年額プランで契約すると

ライトプランの場合は
年間で720円(60円×12ヶ月)

ベーシックプランの場合は
年間で1,200円(100円×12ヶ月)

プレミアムプランの場合は
年間で2,400円(200円×12ヶ月)

この分だけ
LINEワークスの費用が安くなります。

 

月額プランについて

利用する従業員数や
団体メンバー数に応じて
LINEワークスの費用を計算し
毎月支払いをするプランです。
メンバーの追加や
メンバーの削除はいつでも可能です。

いつでも可能って、、
月の途中とかで削除した場合は
LINEワークスの料金どうなるの?

月の途中で解約した場合は
日割り計算での請求となります。

なるほどねー
従業員の変動が多い会社とかは
この月額プランがおすすめかもね

最後に

LINEWORKS(ラインワークス)の費用は
どのくらいかかるのか
具体的にイメージできたでしょうか。

LINEワークスの料金プランは
今後変更する可能性もありますが
その都度この最新情報を提供していきます。

この記事をここまで読んでいるあなたは
LINEマーケティングにも
興味があるかと思います。

以下の記事で、LINEマーケティングの最先端のノウハウを提供しています。

行列をつくるLINE@(ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】
もしよかったら
読んでいってください(*^^*)

 

今後とも
よろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -