↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの使い方や活用方法などをわかりやすく解説

DOSI Wallet(ドシウォレット)とは何か?BITMAXと何が違う?【わかりやすく簡単に解説】

WRITER
 
DOSI Wallet(ドシウォレット)とは
この記事を書いている人 - WRITER -

※2023年3月2日に「LINE BITMAX Wallet」は「DOSI Wallet」に統合されました。

DOSI Wallet(ドシウォレット)では
LINEのNFTアイテムの管理だけでなく
DOSIが展開するサービスも利用可能です。

 

・LINE BITMAX Walletは、3月2日(木)に「DOSI Wallet」に統合いたしました。
・なお、統合後も日本居住ユーザーへのサービス提供主体はLINE BITMAX Walletと同様LINE Xenesisとなります。
・LINE BITMAX Walletで保管していたNFTを含むデジタルアセットはすべてDOSI Walletで引き続き閲覧、利用が可能になります。

引用:DOSI Wallet公式サイト

 

DOSI(ドシ)とは何か?簡単にわかりやすく解説【LINEのNFTを世界中で作成して出品可能に】

 

 

LINENFTを出品して販売するためには
LINE BITMAXのアカウントだけでなく
DOSI Walletも作成する必要があります。

 

DOSI Wallet(ドシウォレット)とは?

簡単にまとめると、DOSI Wallet(ドシウォレット)はLINENFTアイテムを管理するオンライン上の財布のようなものです。
※Walletの日本語訳:財布

 

DOSI Wallet(ドシウォレット)では、LINEブロックチェーン上で作成されたNFT(LINENFTアイテム)のみを管理できます。

 

DOSI Wallet(ドシウォレット)とLINKリワードの関係

【最新情報追記】2023年5月から、LINEの暗号資産「LINK(リンク)」の名称が「Finschia(フィンシア)」に変更されました。

 

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

 

DOSI Walletは基本的にLINENFTアイテムを管理する場所だけど、その他にもLINKリワードからFinschia(旧:LINK)を受取申請する場所でもあるよ💡

LINKリワードからFinschia(旧:LINK)を受取申請??

LINKリワードっていうのは、Finschia(旧:LINK)に変換できる権利証明書みたいなもの💡

あっ、LINK(リンク)っていうのはLINE独自の暗号資産の旧名称なんだね

DOSI Walletで、LINEの暗号資産のFinschia(旧:LINK)を受け取れるっこと?

いや、DOSI WalletはLINKリワードからFinschia(旧:LINK)を受取申請する場所で、実際にFinschia(旧:LINK)を受け取れる場所はBITMAXだね💡

なんか複雑で難しい。。泣

そうだよね😅とりあえずは、DOSI WalletはLINEのNFTを管理するための財布って理解でOK

暗号資産(旧:仮想通貨)の管理や取引については、DOSI WalletじゃなくてLINE BITMAXの役目だからね

 

DOSI Wallet(ドシウォレット)とLINEのNFTマーケットプレイス「LINENFT」の関係

簡単にまとめると、LINEのNFTマーケットプレイスはLINEブロックチェーン上にあるNFTを売買する場所で、DOSI WalletはそのLINEブロックチェーン上にあるNFTを管理するための財布です!

自分で購入したLINEのNFTアイテムだけじゃなくて、もらったLINEのNFTアイテムとかも、このLINEのNFTマーケットに出品して2次販売(転売)することができる仕組みになってるよ

そうなんだ!ぼくも友だちからデジタルアセット(LINEのNFTアイテム)が届いたから、それを出品して販売してみたいな

注意点だけど、受け取ったデジタルアセット(LINEのNFTアイテム)の種類によっては、LINEのNFTマーケットプレイスに出品できないから気を付けてね

たとえば、元SMAPの香取慎吾さんが2021年9月にLINEのNFTをチャリティーで販売したけど、そのLINENFTアイテムは出品して転売することはできないようになってる

LINEのNFTマーケットプレイス「LINE NFT」とは何か?いつから作成や出品ができるようになる?【簡単な言葉でわかりやすく解説】

 

DOSI WalletとLINE BITMAXは何が違う?

DOSI WalletとLINE BITMAXは大きく違うものです。

  • LINE BITMAX(ビットマックス):暗号資産取引サービス
  • DOSI Wallet(ドシウォレット):LINEのデジタルアセットを管理、LINKリワードのFinschia(旧:LINK)化申請

※DOSI WalletでLINKリワードのFinschia(旧:LINK)化申請した後、そのFinschia(旧:LINK)はLINE BITMAXで管理されます。

つまり、DOSI WalletはNFTを管理するところで、LINE BITMAXは暗号資産を管理するところです。

 

「LINEのデジタルアセット」というのは
基本的にLINEのNFTアイテムを指します。

ちなみに暗号資産とNFTは違うものです。

どちらもブロックチェーンを活用しますが
暗号資産は通貨であり、NFTはアイテム

※暗号資産の旧名:仮想通貨

「アイテム」というのは、
もっとわかりやすくいうと
デジタル化されたコンテンツのことです。

画像データや動画データ、記事や音声などなど、デジタル化されたものはNFTにすることができます。

 

暗号資産の種類はたくさんあり
その中でも特にビットコインや
イーサリアムが有名な暗号資産です。

そして、LINEの暗号資産は
LINK(リンク)という名称でしたが
2023年5月からFinschia(フィンシア)という名称に変更。

 

このLINEの暗号資産である
「Finschia(フィンシア)」は
LINEブロックチェーン上で存在する通貨。

そしてLINEのデジタルアセット(LINEのNFT)は
LINEブロックチェーン上で存在するアイテムです。

 

LINE Token Economy(ライントークンエコノミー)とは何か?個人がLINEで稼げる?【簡単な言葉でわかりやすく解説】

 

 

DOSI Wallet(ドシウォレット)からLINEのNFTを出品する方法

DOSI WalletとLINEのNFTマーケットプレイスは別のものです。

そのため基本的には、DOSI Walletの管理画面からLINEのNFTを出品するのではなく、LINEのNFTマーケットプレイス「LINENFT」から出品する流れになります。

※LINE BITMAX Walletの頃はLINEのNFTマーケットプレイスと繋がっていたためすぐ出品可能でしたが、DOSI Walletは基本的にDOSI CITIZENと繋がっているため、今後はDOSI Walletの管理画面でLINENFTアイテムをタップし、「ストアで販売する」を選択してDOSI CITIZENに出品する流れになるかもですね。また最新情報を更新していきます。

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん✨】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2023 All Rights Reserved.