↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの使い方や活用方法などをわかりやすく解説

リンクサイン(linksign)とは?【契約書をLINEのブロックチェーン上に】

WRITER
 
LINEのブロックチェーン
この記事を書いている人 - WRITER -

電子契約サービス「リンクサイン(linksign)」

リーガルテック企業のComake様が提供する「リンクサイン(linksign)」は、AI・ブロックチェーンベースの電子契約サービスで、契約書の作成、内容の検討、署名、締結等と契約行為を始まりから終わりまで完結できるオールインワンプラットフォームです。

ユーザーは、様々な契約書テンプレートを使用し簡単に契約書を作成することができます。

また、全ての契約プロセスをリアルタイムで確認することができます。ブロックチェーン技術が契約文書の偽造・変造を防止するため、安心して利用できます。

引用:LINE、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤とした 初の外部企業サービスを発表

 

 

ついに、LINEのブロックチェーンを利用して契約書とかを作れるようになりました!!

LINEのブロックチェーンを利用して契約書??なにがすごいの?

その質問するってことは、ブロックチェーンのことを理解していない証拠や!!

LINEのブロックチェーンを利用して契約書を作成できるリンクサイン(linksign)によって、これから作業の手間とか改ざんのリスクとかが大幅に削減できるようになる!!!とにかく!!リンクサイン(linksign)!!すごい!!

めちゃくちゃ興奮してるね。ちょっと引くわ(笑)

取り乱してごめんm(__)m

1言でまとめると、リンクサイン(linksign)はLINEトークンエコノミー内のサービスの1つだね

 

リンクサイン(linksign)公式HPはこちら

 

 

 

リンクサイン(linksign)とは何か?

電子契約サービス「リンクサイン(linksign)」

リーガルテック企業のComake様が提供する「リンクサイン(linksign)」は、AI・ブロックチェーンベースの電子契約サービスで、契約書の作成、内容の検討、署名、締結等と契約行為を始まりから終わりまで完結できるオールインワンプラットフォームです。ユーザーは、様々な契約書テンプレートを使用し簡単に契約書を作成することができます。

また、全ての契約プロセスをリアルタイムで確認することができます。

ブロックチェーン技術が契約文書の偽造・変造を防止するため、安心して利用できます。

引用:LINE、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤とした 初の外部企業サービスを発表

 

リンクサイン(linksign)とは、契約書を簡単に作成することができるサービスです。

最初から様々な種類のテンプレートが用意されているため、契約書を作成する企業にはおすすめです。

 

リンクサイン(linksign)の契約書テンプレート一覧

 

  • 「_____」に関する覚書(MOU)
  • 「_____」に関する覚書(MOU)_拘束力なし
  • インフルエンサー契約書
  • ストックオプション契約書
  • ソフトウェア使用契約
  • ソフトウェア開発委託契約書
  • フリーランス契約
  • 事業譲渡契約書
  • 債権譲渡通契約書
  • 共同研究開発契約書
  • 取締役委任契約書
  • 商標通常使用権許諾契約書
  • 広告出演契約
  • 広告制作委託契約書
  • 建物賃貸借契約書
  • 株主間契約
  • 株主間契約書
  • 株式会社投資契約書
  • 株式譲渡契約書
  • 業務委託契約書
  • 物品供給契約書
  • 物品売買契約書
  • 物品流通契約書
  • 特許実施許諾契約書
  • 特許権譲渡契約書
  • 研究開発委託契約書
  • 秘密保持契約書
  • 紹介契約書
  • 総数引受契約書
  • 製造委託契約書
  • 解約合意書
  • 金銭消費賃借契約書
  • 雇用契約書

参考:リンクサイン(linksign)公式HP

 

テンプレートを利用しなくても、新規でオリジナルの契約書を作成することも可能です。

 

リンクサイン(linksign)で請求書や見積書を作成できる?

もしかしてリンクサイン(linksign)って、請求書や見積書とかも作成できるの?

リンクサイン(linksign)は契約書を作成するサービスです。

リンクサイン(linksign)を利用して請求書や見積書を作成できることはできません。

 

リンクサイン(linksign)のメリット【契約書をLINEのブロックチェーン上に記録】

契約書の作成サービスは、リンクサイン(linksign)以外にもたくさんあります。

リンクサイン(linksign)の最大の特徴は、LINEのブロックチェーンを利用している点です。

2020年9月30日に、リンクサイン(linksign)はリリース。

LINEのブロックチェーンを利用した外部企業初のサービスなんです。

引用:LINE、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤とした 初の外部企業サービスを発表

 

つまり、LINEトークンエコノミー内に誕生した、初の契約書作成サービスとなります。

契約内容がLINEブロックチェーン上に記録されるので、リンクサイン(linksign)を利用すると、データの改ざんができなくなり安全性が高まります。

 

また、リンクサイン(linksign)を活用すると作成から締結までデータ上で契約することができるので、紙の費用の削減にもつながります。

 

最後に

リンクサイン(linksign)は、LINEのブロックチェーンを利用した契約書作成サービスです。

 

リンクサイン(linksign)公式HPはこちら

 

LINEトークンエコノミー内に初登場した契約書を作成サービス「リンクサイン(linksign)」!!ついにLINEのブロックチェーン技術を利用した外部企業のサービスが登場しました!!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2020 All Rights Reserved.