↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの活用方法などをわかりやすく解説

LINEの仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」とは何か?【概要を簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
BITBOX(ビットボックス)
この記事を書いている人 - WRITER -

 

LINEの仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」とは何か?

 

簡単にまとめると
BITBOX(ビットボックス)とは
LINE独自の仮想通貨「LINK」が取引可能な
LINEが運営する海外向け仮想通貨取引所。

 

ビットボックス(BITBOX)の誕生日

ビットボックスの誕生日は2018年6月28日。

この日は「LINEカンファレンス2018」開催日で
ビットボックスの誕生発表以外にも
LINE@(ラインアット)消滅の発表や
LINE公式アカウントの初期費用無料の発表など
日本の経済を動かす様々な発表があった日である。

 

ビットボックス(BITBOX)の利用者

BITBOX(ビットボックス)の利用者は
日本とアメリカ以外の外国人たちである。

日本人はビットボックスを利用できないため
日本でのビットボックスの認知度はまだ低い。

 

ビットボックス(BITBOX)の特徴

 

LINEの独自の仮想通貨である
LINK(リンク)を取引できる点が
ビットボックスの1番の特徴である。

そして、ビットボックスは
ブロックチェーン技術を活用しているが
そのブロックチェーンネットワークは
LINE株式会社が独自で開発した
LINK Chain」を軸とした「LINKエコシステム」。

 

 

BITBOX(ビットボックス)とLINEトークンエコノミー

BITBOX(ビットボックス)は
LINEトークンエコノミーにおいて
とても重要な存在である。

LINEトークンエコノミーには
日本向けと海外向けのサービスがある。

BITBOX(ビットボックス)は
その海外向けサービスの報酬として
受け皿になるLINEの仮想通貨取引所。

 

 

まとめ

 

LINEの仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」とは何か?

 

簡単にスパパッと解説した。

 

簡単にまとめると、ビットボックスとは
LINE独自の仮想通貨「LINK」が取引可能な
LINEが運営する海外向け仮想通貨取引所である。

そして、LINEトークンエコノミーにおいて
海外の人が受け取る報酬(インセンティブ)の
受け皿となる重要なポジションに位置する。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」 , 2019 All Rights Reserved.