2021年1月27日。
LINEマーケットプレイス内で
「運用サポートパック」がリリース。

LINEマーケットプレイスの「運用サポートパック」とは

運用サポートパックとは、LINEが認定した運用パートナーがLINE公式アカウントの運用改善を行うサービスです。
運用パートナーは認定資格である LINE Green Badgeを保有しており、実績に基づいたLINE公式アカウントの運用サポートを1ヶ月単位でご提供します。

クリエイティブから運用方針まで、サポート内容に応じた様々なパックをご用意しています。

引用:運用サポートパックの使い方(LINEマーケットプレイス公式HP)

 

LINEマーケットプレイスの「運用サポートパック」は、LINE公式アカウントの運用をサポートするサービスです。

運用パートナーは認定資格であるLINE Green Badgeを保有しているとのこと。

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん】

 

LINE公式アカウントの「運用サポートパック」には条件がある!

LINEマーケットプレイスの運用サポートパックは
誰でもお申し込みできるというわけではありません。

【LINEマーケットプレイスの運用サポートパックを利用するための条件】

  • 認証済みアカウントであること
  • ターゲットリーチ30万以下のアカウントであること
  • 半年間お支払いに遅延のないアカウントであること
  • 他の運用サポートパックをご利用中でないアカウントであること

 

LINE公式アカウントの「運用サポートパック」の料金は高い?

 

LINE公式アカウントを正しく運用できると
LINEからの集客が加速して売上が向上します。

そのため、LINE公式アカウントの運用サポートや
公式LINEの集客ツールの料金の相場は基本的に高めです。

LINEマーケットプレイスの運用サポートパックの料金は
最低でも月10万円以上となります。

 

【公式LINEの運用サポートパックの料金まとめ】

  • まるっとサポート!O2O (月額料金:100,000円~)
  • 自社運用マスターパッケージ (月額料金:150,000円~)
  • 企画・運用コンサルティング(月額料金:850,000円~)
  • チャットボット×アカウント運用支援パック(月額料金:500,000円~)
  • コンサルティング運用プラン(月額料金:200,000円~)
  • アドバイスプラン(月額料金:100,000円~)
  • 制作コミ×2 コンサルティング運用プラン(月額料金:400,000円~)
  • 配信代行プラン(月額料金:100,000円~)
  • Social AdTrim ベースプラン(月額料金:450,000円~)
  • Social AdTrim ライトプラン(月額料金:300,000円~)

2024年追記:現在は公式LINEの運用サポートパックの料金一覧が削除されているため、過去の料金の相場として参考になれば幸いです。

 

最後に

2021年1月27日にLINEマーケットプレイス内で「運用サポートパック」がリリースされました。

LINE公式アカウントの運用サポートは
費用が高い印象をもつ人も多いかと思いますが
正しく運用ができるとちゃんと元をとれるでしょう。

ただし
個人事業主や小規模の中小企業経営者については
このLINE公式アカウントの運用サポートパックは
あまりおすすめできないというのが正直が感想です。

認証済みアカウントを利用しなくてもLINE集客はできる。

こちらの記事が少しでも参考になれば幸いです。

無料で出来る!LINE公式アカウントの集客方法7選【最新情報や限定ノウハウも盛りだくさん】