SNSからLINE公式アカウント(ラインアット)へ集客!友だち数を増やす3つの方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

集客に役立つLINEアプリを紹介した際
1番集客に役立つLINEアプリは
LINE公式アカウント(ラインアット)だとお伝えしました。

 

LINE公式アカウントを集客で利用するためには
まずLINE@アカウントの友だち数を増やす必要があります。

 

では、どうやったら
友だち数を増やすことができるのか?

 

 

今回は
SNSからLINE公式アカウント(ラインアット)へ集客し
友だち数の増やす3つの方法について
以下の順番でご紹介します。

  1. Facebook(フェイスブック)からLINE公式アカウントへ集客
  2. Twitter(ツイッター)からLINE公式アカウントへ集客
  3. Instagram(インスタグラム)からLINE公式アカウントへ集客

 

 

Facebook(フェイスブック)からLINE公式アカウント(ラインアット)へ集客

フェイスブック

Facebook(フェイスブック)から
LINE公式アカウント(ラインアット)へ集客する方法は

  • Facebookの投稿の中で
    LINE公式アカウントのURLを貼る

 

  • Facebookの投稿の中で
    LINE公式アカウントのIDを記載する

 

  • Facebookの投稿の中で
    LINE公式アカウントのQRコードの画像を掲載する

 

  • Facebookページのプロフィール欄に
    LINE公式アカウントのURLを貼る

 

  • Facebookページのトップ画像に
    LINE公式アカウントのIDを記載する

 

  • Facebookページのトップ画像に
    LINE公式アカウントのQRコードの画像を掲載する

 

  • Facebook動画の中で、
    LINE公式アカウントの登録を促す

 

  • Facebook広告を利用して
    LINE公式アカウントへの登録を促す

だいたいこんな感じです。

それぞれ方法に
コツや注意すべき点があります。

ちなみに
この中で1番効果が高い方法は
Facebook広告を利用して
LINE公式アカウントへ集客する方法です。

 

あまり知られていないのですが
Facebook広告は
1クリック辺りの単価が
ものすごく安いんです。

 

なぜ、安いと思いますか?

 

 

それは
ターゲット層を絞り
広告を出すことができるからです。

 

Facebookは基本的に実名性で
ほとんどの人が性別や
年齢などをしっかり入力し
正式なプロフィールを作成しています。

 

Facebook広告では
年齢や性別などターゲット層を絞って
広告を出すことができます。

 

露出度を絞った上で
広告を出すことができるので
費用対効果がよくなる
ということです。

 

ターゲット層を絞り
上手に運用をすることで

1クリックあたり
数円~十数円での運用も可能です。

 

 

SNS集客において
Facebook広告を知らないと
損をする可能性が高まるでしょう。

 

 

バイラルマーケティング

 

Facebook広告を使わなくても
Facebook投稿が拡散されることで
FacebookからLINE公式アカウントへ
効果的に集客することができます。

 

SNS集客をする上で重要な
バイラルマーケティングという
最新のマーケティング手法です。

 

このマーケティング手法は
シェアをする人の
深層心理を理解することで
戦略が立てやすくなります。

 

Facebookの注意点

個人のFacebookを使って
ビジネスをしている人も多いですが
基本的に個人のFacebookを
ビジネスで利用するのはNGです。
Facebookの規定に記載があります。

 

ビジネス利用する場合は、
Facebookページを作成してから
バイラルマーケティングを行ってください。

 

個人のFacebookでビジネスをしていて
アカウントを消されても、
何も文句は言えません。

 

SNS集客を
Facebook無しで行うのは
結構厳しいです。

排除できるリスクは
排除していってください。

 

Twitter(ツイッター)からLINE公式アカウント(ラインアット)へ集客

ツイッター

Twitterは会社的に
業績が伸び病んでいますが
SNS集客において
Twitterはまだある程度の
集客効果があります。

 

TwitterからLINE公式アカウントへ集客する方法は
基本的にFacebookの方法と似ています。

 

  • Twitterの投稿の中で
    LINE公式アカウントのURLを貼る

 

  • Twitterの投稿の中で
    LINE公式アカウントのIDを記載する

 

  • Twitterの投稿の中で
    LINE公式アカウントのQRコードの画像を掲載する

 

  • Twitterのプロフィール欄に
    LINE公式アカウントのURLを貼る

 

  • Twitterのトップ画像に
    LINE公式アカウントのIDを記載する

 

  • Twitterページのトップ画像に
    LINE公式アカウントのQRコードの画像を掲載する

 

  • Twitter広告を利用して
    LINE公式アカウントへの登録を促す

ただ
Facebook広告に比べると
Twitter広告は効果があまり見込ません。

 

なぜなら
Twitterはアカウントを複数作れますし
実名性でもないので
ターゲットを絞るのも難しいからです。

 

例外として
投稿内容によっては
TwitterはFacebookに比べ
拡散されやすい傾向があります。

 

「Twitterなら拡散されるかも」
と思う内容であれば
Twitter広告も無しではない
ということです。

 

そこで気になるのが
Twitterを利用している層ですが
Facebookを利用している層に比べ
全体的に年齢が低めです。

 

ターゲット層が30代以上の場合は
Twitter広告を出す意味は
現在ほとんどないでしょう。

 

Instagram(インスタグラム)からLINE公式アカウント(ラインアット)へ集客

インスタグラム

 

Instagramは現在利用者が
どんどん増えています。
Facebookに買収されてるため
今後も伸び続けるでしょう。

 

SNS集客をする上で、
無視することのできないSNSの1つです。

 

InstagramからLINE公式アカウントへ集客する方法は

 

  • Instagramのプロフィール欄に
    LINE公式アカウントのURLを貼る

 

  • Instagramの写真の中に
    LINE公式アカウントのIDを記載する

 

  • Instagramの写真の中に
    LINE公式アカウントのQRコードを記載する

 

  • Instagramの動画で、
    LINE公式アカウントへの登録を促す

 

  • Instagram広告を利用して
    LINE公式アカウントへの登録を促す

このような感じです。

Instagramは
FacebookやTwitterに比べると
拡散性がまだあまり強くないため、
今回紹介した3つのSNSの中では
LINE公式アカウント(ラインアット)への集客が1番やりずらいです。

 

業種にもよりますが
現在のInstagram広告は
Facebook効果に比べ
効果がまだまだ弱い印象です。

 

もちろん
業種によってInstagram広告は
ものすごい効果を発揮すると思いますが
全体的にはまだ微妙です。

ちなみに
Instagramを利用している層は

現在10代、20代の女性が特に多いです。

 

Facebookと連動しているため
今後Instagram広告も
費用対効果がさらによくなり
効果も大きくなっていくかと思います。

 

 

最後に

SNSからLINE@(ラインアット)へ

SNSからLINE公式アカウント(ラインアット)へ集客して
友だち数を増やす方法は実は3つだけではありません。

  • FacebookからLINE公式アカウントへ集客する方法
  • TwitterからLINE公式アカウントへ集客する方法
  • InstagramからLINE公式アカウントへ集客する方法

この3つはSNSの中でも
現在利用者がものすごく多いので
その分効果が高いです。

ただし
ビジネスで使えるSNSは
この3つだけではありません。

SNSは
他にもたくさんあるです。

 

ターゲット層によっては
この3つ以外のSNSの方が
LINE公式アカウント(ラインアット)へ
集客しやすい場合もあります。

 

 

まずは
ターゲット層を決めることが大切です。

そして
「ターゲット層がよく使ってるSNSは
どんなSNSなのか?」

をしっかり調べることで
使うべきSNSがみえてきます。

 

LINEマーケティングに興味のある方は
以下の記事も読んでみてください。

行列をつくるLINE公式アカウント(ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です