line広告の運用代行業者一覧【代理店を選ぶときの注意点も解説】

line広告の運用代行業者一覧 公式LINEのライン広告
公式LINE初心者
公式LINE初心者

LINE広告の運用を代行してもらいたいのですが、おすすめの代理店とかってありませんか?

公式LINE初心者
公式LINE初心者

うーん、ライン広告の運用代行業者はいっぱいあるけど、どう違うのか良く分からないや(汗)

公式LINE初心者
公式LINE初心者

僕も、ライン広告を運用代行してくれる代理店を教えて欲しい!

 

他のSNS広告に比べて新規顧客獲得にかかる費用が安く、費用対効果の高い「line広告」は、今やマーケティングに欠かせません。

またLINEの国内ユーザー数は約8600万人にものぼり、幅広い年代で利用されているため、あらゆる層への宣伝効果が期待できます。

 

しかし、line広告は審査を受けて通過したのち、出稿までを1人で行うのはなかなか難しいでしょう。

そこでline広告の運用代行業者を利用すれば、プロの担当者が広告の運用から管理まですべてを行ってくれるため、安心して任せることができます。

 

公式LINEのプロ
公式LINEのプロ

今回は、line広告の運用代行を頼みたいけれど、どの代理店を選んだらいいのか分からない!という人向けに「line広告の運用代行業者一覧」を紹介するよ

公式LINEのプロ
公式LINEのプロ

代理店を選ぶときの注意点もあるから、合わせて解説するね!

公式LINE初心者
公式LINE初心者

ありがとうございます!お願いします♪

line公式アカウントの運用代行業者一覧!【料金の相場やそれぞれの概要も簡単に解説】
公式LINE初心者 ライン公式アカウントの運用を代行してくれる業者ってある? 公式LINE初心者 運用するの結構大変だもんね。僕も公式ラインの運用代行業者に任せたい… ...

 

line広告の運用代行業者一覧

line広告の運用代行業者は数多く存在するため、どの代理店を選んだらいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。

 

そんなときにおすすめしたいのが、LINE社が認定した企業(LINE Biz Partner Award)の代理店です。

LINE Biz Partner Awardには、実際に多くの広告の取り扱い実績があり、たくさんの知識を得ている大手広告代理店が掲載されています。

 

大手代理店はサンプルも多く、たくさんの情報を持っているので、line広告を出稿するうえでも非常に有利です。

今回は、中でも信頼できるline広告の運用代行業者を一覧でご紹介します。

 

  1. 株式会社サイバーエージェント
  2. 株式会社オプト
  3. 株式会社電通デジタル
  4. 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
  5. ソウルドアウト株式会社

 

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントは、LINE Biz Partner Awardの広告部門で「Diamond」認定されている、line広告の代理店です。

その他にも、コミュニケーション部門や販促・OMO部門など、数多くの部門でLINEに認定されています。

 

最適なクリエイティブの運用方法や入札システムのルールなど、今までの経験とデータに基づいてline広告の運用を代行してくれるのが一番の強みと言えるでしょう。

 

参考:サイバーエージェント株式会社

 

株式会社オプト

株式会社オプトは、自社ツールとLINE Ads Platformを連携させた独自のプラットフォームで広告を運用しているline広告運用代行業者です。

また、LINE Biz Partner Awardの広告部門で「Gold」に認定されています。

 

アプリプロモーション総合支援プラットフォームやLINE ビジネスコネクトツール、インフィード広告用動画大量自動生成ツールなどと連携し、クライアントの課題に合わせた柔軟な広告運用に対応できます。

 

参考:株式会社オプト

株式会社電通デジタル

株式会社電通デジタルは、LINE Biz Partner Awardの広告部門で「Gold」に認定されている、line広告運用代行業者です。

大手広告代理店ならではの、様々なデータを用いた精緻なターゲティングや効果計測を行いながら運用するため、line広告の費用対効果を高めることができるでしょう。

 

また、最新のAPIに対応したBOT BOOSTaR™を採用しているため、line広告の運用時もユーザーに最適な広告を表示する事ができます。

 

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、LINE Biz Partner Awardの広告部門で「Gold」に認定されている、line広告運用代行業者です。

新聞、テレビ、インターネット、アウトドアメディアなど、あらゆる広告やセールスプロモーションを取り扱っています。

 

また、広告効果予測プラニングツール「TV Cross Simulator」を提供しており、動画広告には特に強いline広告の代理店となっています。

 

参考:株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

ソウルドアウト株式会社

ソウルドアウト株式会社は、日本全国の中小企業やベンチャー企業の成長支援を行っている会社です。

 

さまざまなターゲティング方法に対応しており、LINE内でのユーザーの行動データをもとに「みなし属性」を作成して広告配信が可能です。

また、社内にはLINEの専門組織「LINE事業本部」が設立されており、LINE Ads PlatformやLINE公式アカウント、LINE Biz-Solutionsの企画提案および運用に力を入れています。

 

参考:ソウルドアウト株式会社

 

公式LINE初心者
公式LINE初心者

それぞれの会社に、ライン広告運用代行業者としての特徴や強みがあるんだね!

公式LINE初心者
公式LINE初心者

事業内容などもじっくり読んで検討してみますっ

line広告の代理店を選ぶときの注意点

line広告の代理店を選ぶとき、大手の代理店を選んだからと言って必ずしも広告戦略が上手くいくとは限りません。

知名度や実績はもちろん大事ですが、それ以外にもLINE広告の代理店を選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

公式LINEの友だち追加広告とは何か?費用はいくら?【低価格のLINE広告がついに登場!】 | プロが集まる公式LINE集客研究所
時は平成。 LINE広告の費用は高く 個人事業主や中小企業経営者は なかなか前へ進めなかった。

 

line広告の代理店を選ぶときの注意点を7つご紹介します。

  1. 取り扱っている広告媒体の種類
  2. 認定資格「LINE Green Badge」の取得者数
  3. Webマーケティング全体の知見の有無
  4. 最初から業者を1つに絞らない
  5. 広告の運用体制は専任型か分業型か
  6. 幅広い年代のターゲット層に対応できるか
  7. フォロー体制はしっかりしているか

 

取り扱っている広告媒体の種類

line広告の代理店を選ぶときの注意点1つ目は、取り扱っている広告媒体の種類です。

例えば、広告にはSNS広告やデジタル広告、アフィリエイト広告など、様々な種類があります。

 

代理店によっては、「この媒体には対応していない」という場合があるため、事前に取り扱っている広告媒体の種類を確認しておく必要があるでしょう。

また、LINE広告の取り扱いがある場合も、必ず実績を確認するようにしましょう。

【要注意】LINE公式アカウントでアフィリエイトしていない人もBAN(利用停止)される!?【知らないと危険なルールと商用利用時の対策を徹底解説】 | プロが集まる公式LINE集客研究所
LINE公式アカウントは商用利用が可能です。 ただし、ビジネスの種類や方法によっては 商用利用で

 

認定資格「LINE Green Badge」の取得者数

line広告の代理店を選ぶときの注意点2つ目は、認定資格「LINE Green Badge」の取得者数です。

「LINE Green Badge」とは、公式LINEやline広告に関する知識をしっかりと持っている人のみ認定されます。

 

なので、認定資格「LINE Green Badge」の取得者数が多い代理店ほど、line広告に詳しい担当者が多く力を入れていると言えるでしょう。

公式LINEのプロ
公式LINEのプロ

ただし、LINE Green Badgeは少し勉強すれば誰でも合格できる試験なので、この資格をもっているからといって、必ずしもLINE広告の使い方やLINE集客が上手というわけではありません。

公式LINE初心者
公式LINE初心者

たしかに、LINE公式アカウントの友だちを増やす方法とかは、企業に勤めている社員とかじゃなくて実際に活動している起業家の人とかの方が絶対詳しい気がする。。

LINEマーケティングの成功パターンを公開!【LINE公式アカウントの友だち数を自動的に増やす方法がある。】 | プロが集まる公式LINE集客研究所
「LINEマーケティング」 あなたはこの言葉を きいたことがあるだろうか。 LIN

 

Webマーケティング全体の知見の有無

line広告の代理店を選ぶときの注意点3つ目は、Webマーケティング全体の知見の有無です。

line広告はWeb広告の一種であるため、効果的に配信するためにはWebマーケティング全体の知見が必要となります。

 

代理店の担当者がどれくらいWebマーケティングの知識を備えているのか、どんな戦略を考えてくれるのか、他社と比較しながら選ぶようにしましょう。

公式LINEのプロ
公式LINEのプロ

この部分は、LINE広告の代理店を選ぶ際に1番大切かもしれませんね

初心者でも出来る!LINE公式アカウントで集客するためのレシピ(手順書)✨【LINEマーケティングを簡単にわかりやすく】 | プロが集まる公式LINE集客研究所
2019年4月から、LINE公式アカウントを 無料で簡単に作成できるようになりました。 そして2

 

最初から業者を1つに絞らない

line広告の代理店を選ぶときの注意点4つ目は、最初から業者を1つに絞らない事です。

line広告の代理店ではまず見積もりを出してもらう事ができるので、まずは複数社で見積もりを取り比較してみましょう。

 

line広告の運用代行にかかる費用はもちろん、担当者の姿勢や戦略なども確認すると、最適な運用代行業者を選ぶ事ができます。

Lステップとプロラインフリーはどちらがおすすめ?【SNSの評判や口コミを鵜吞みにすると損するかも】 | プロが集まる公式LINE集客研究所
2021年2月。 LINE公式アカウントの運営者ならば 早めに知らないと後悔することになる 最強の集客ツールがこの世界に誕生した。 それが、プロラインフリーだ。 ...

 

広告の運用体制は専任型か分業型か

line広告の代理店を選ぶときの注意点5つ目は、広告の運用体制は専任型か分業型かという点です。

専任型の場合は一人の担当者がline広告の運用や管理を行う事になりますが、分業型場合は複数人で運用や管理を分けて担当します。

 

line広告で、なるべく手早く、かつ担当者とコミュニケーションをとりながら運用したい場合は専任型、多くの作業を任せたい場合は分業型がおすすめです。

 

幅広い年代のターゲット層に対応できるか

line広告の代理店を選ぶときの注意点6つ目は、幅広い年代のターゲット層に対応できるかどうかです。

LINEはもともと幅広い年代で利用されているため、広告を出す際には各年代や性別に合わせて戦略を考える必要があります。

 

しかし、line広告の代理店の中には特定のターゲット層への訴求だけを得意としている場合もあり、そうした代理店を選んでしまうと、広告の効果を存分に発揮できなくなってしまうでしょう。

 

フォロー体制はしっかりしているか

line広告の代理店を選ぶときの注意点7つ目は、フォロー体制はしっかりしているかどうかです。

line広告に限らず、広告配信で最も重視すべきは配信後の効果です。

 

せっかく広告配信をしても、はっきりとした効果が得られなければ出稿した意味もなくなってしまいます。

その場合は、戦略を練り直したり仕様を変更する必要が出てきますが、そこまでのフォローを行ってくれるかどうかは代理店によって変わってきます。

 

なので、line広告の代理店を選ぶ際は、アフターケアがしっかりしているかどうかも確認するようにしましょう。

最後に

line広告の運用代行業者一覧と、代理店を選ぶときの注意点を解説しました。

 

line広告の運用代行業者は数多く存在するため、迷ってしまう事も多いでしょう。

そんな時は、今回ご紹介した注意点などを確認して、適切な代理店を選ぶようにしましょう。

 

公式LINE初心者
公式LINE初心者

ライン広告でこんなにたくさん注意点があるなんて知らなかったよ(汗)

公式LINE初心者
公式LINE初心者

今回紹介してもらったおすすめの代理店も確認してみる♪

line公式アカウントの運用代行業者一覧!【料金の相場やそれぞれの概要も簡単に解説】
公式LINE初心者 ライン公式アカウントの運用を代行してくれる業者ってある? 公式LINE初心者 運用するの結構大変だもんね。僕も公式ラインの運用代行業者に任せたい… ...
プロライン(旧:オートSNSフリー)とは?無料で無制限?【メリットだけでなくデメリットも解説】 | プロが集まる公式LINE集客研究所
【衝撃の最新情報】 2021年2月1日に、オートSNSフリーは消滅。
タイトルとURLをコピーしました