↓限定情報はこちらから(経営者向け)

LINE公式アカウントの使い方や活用方法などをわかりやすく解説

Shopifyを活用してLINEショッピングでアフィリエイトが可能に【バリューコマースと連携】

WRITER
 
LINEとネットショップ
この記事を書いている人 - WRITER -

Shopifyのアフィリエイト連携(Affiliate Integrate)を活用すると
簡単にネットショップにASP機能を追加できるようになります。

そのShopifyのアフィリエイト連携(Affiliate Integrate)とLINEショッピングが連携を開始しました。

LINE公式アカウントの友だち数4,000万人以上! 強い送客力を持つ『LINEショッピング』と連携しています。LINEショッピングに店舗の商品が掲載されるため、購入・認知へつながります。

導入手続きは、同意事項の確認とShopify用の商品データの準備、素材の入稿のみ。かんたんにLINEショッピングに店舗の商品が掲載されます。
また、店舗の商品データを活用し、LINEホームタブ、チャットタブ、タイムラインの検索窓から、商品検索、ショッピングが可能となったLINEサーチにも同時掲載されます。

引用:バリューコマース公式HP

 

注意点は、バリューコマースとLINEの審査が必要である点です!!

誰でもLINEショッピングに出品できるわけではないのですね

 

 

ブランド商品を扱っている経営者は
どのプラットフォームに出品するべきか
自社でネットショップを作成するべきか
必ず1度は迷ったことがあることでしょう。

商品を購入してくれた方に対して
LINE公式アカウントに登録してもらうと
リピーター確保する道が複数誕生するため
リストを集めることできる自社ECをしたい。
しかし集客面などのハードルが高い。。。と
1度は考えたことがある人も多いかと思います。

私は基本的に自社ECをおすすめしますが
最近はShopify(ショッピファイ)もおすすめです。

Shopify(ショッピファイ)にはASP連携機能があるので
web集客に自信がないネットショップ経営者にとって
自ら時間をかけてSEO対策等することなく集客できます。

※アマゾンや楽天などと違いブランディングしやすく
WooCommerceなどと違い難易度が低い特徴があります。

そのShopify(ショッピファイ)をダウンロードして
バリューコマースアフィリエイトに登録すると
LINEショッピングに出品することも今はできます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© プロが集まる公式LINE集客研究所 , 2021 All Rights Reserved.