LINEマーケティングのノウハウを無料公開しています。

スノッブ効果とは?【心理学用語をわかりやすく簡単に。】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スノッブ効果とは
心理効果のひとつです。

 

1950年にアメリカの経済学者
ハーヴェイ・ライベンシュタインが
提唱した理論のひとつです。

 

この記事では
スノッブ効果とはどのようなものなのかを解説していきます。

 

最強の心理学用語辞典(用語集)【ビジネスだけでなく、子育てや恋愛でも効果抜群の心理テクニックをまとめました】

 

 

スノッブ効果とは?

スノッブ効果とは
どのようなものなのでしょうか。

辞書には次のように書かれています。

スノッブ効果(snob effects)

他者の消費が増加していくほど
購買者個人の需要は減少するという
効果のことである。

少し分かりづらいので
以下分かりやすく要約します。

スノッブ効果は
多くの人が所有している商品に
希少価値がないため、
自分は他の人と差別化したいという
欲求が高まる心理作用に基づきます。

この心理が働き、
多くの人が消費する商品は
個人の需要が少なくなる現象を
スノッブ効果といいます。

これは
多くの人が持っている商品は
良いものに違いない
という心理のバンドワゴン効果とは
反対の心理効果といえます。

 

また、スノッブ効果が起こる背景には
他人からどのように見られているかという
社会的証明の心理が働いているといわれています。

 

スノッブ効果が働く事例

スノッブ効果は
次の心理現象を与える効果があります。

  • 他の人が持っていないから
    価値を感じる
  • みんなと違うものが欲しい
  • 数に限りのある希少品に惹かれる

たとえば
世界で3つしかないマグカップが
あるのですが欲しいですか?」

こう聞かれると、
「欲しいかも…」という
気持ちになりませんか?

 

特にマグカップが欲しいわけでもないのに、
「世界で3つしかない」と言われると
欲しくなってしまう心理
スノッブ効果が作用しています。

 

スノッブ効果によるマーケティング

スノッブ効果は
マーケティング戦略の1つ
として用いられます。

  • 期間限定商品
  • 会員限定商品
  • 数量限定商品
  • 地方限定商品

これらの商品販売は、
スノッブ効果を狙った商法といえます。

期間限定商品に関しては、
「今を逃すともう手に入らない!」

 

また、飲食店などでも
「一日10食限定!」と言われると
並んででも食べてみたくなりますよね。

食材や原価の関係での限定かもしれませんが
「10人しか食べられない」という
希少価値に惹かれる部分がありますね。

 

バンドワゴン効果と掛け合わせて成果を高める

希少品に惹かれるスノッブ効果と、
「みんなが持っているから安心」という
バンドワゴン効果の2つを
掛け合わせたマーケティングは
非常に有効といわれています。

たとえば、
入荷してもすぐ完売しちゃう大人気商品
限定100台で再販!」

こんな広告、よく見ますよね?

これは、
「みんなが持っているから安心」
という心理のバンドワゴン効果
数量限定に惹かれるスノッブ効果
上手く組み合わせていますね。

 

まとめ

この記事では
スノッブ効果とはどのようなものなのかを解説しました。

 

他の心理学用語については
こちらの記事でまとめています。
興味のある方はぜひ。

 

最強の心理学用語辞典(用語集)【ビジネスだけでなく、子育てや恋愛でも効果抜群の心理テクニックをまとめました】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です