LINEマーケティングのノウハウを無料公開しています。

ミラーニューロンとは何か?【簡単な言葉でわかりやすく解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ミラーニューロンとは
何かをご存知ですか?

 

 

この言葉を聞いたことのない人や、

なんとなく言葉は聞いたことあっても
意味を説明してと言われると難しい。
なんて人も、ぜひ読んでいってください。

 

 

ミラーニューロンとは何か?


ミラーニューロン
とは
相手の行動を見て、
自分自身までも
同じ行動をとっているかのように反応をする
人間の脳内の神経細胞のひとつです。

 

また自分が体験していなくても、
相手の行動を
見たり聞いたりしただけで
ミラーニューロンが活性化され、
脳内でシュミレーションすることもあります。

 

 

まるで
鏡に映し出しているような例えから
別名で「ものまね細胞」
「共感する細胞」とも呼ばれています。

 

 

ちなみに、
ウィキペディアにはこう解説されています。

ミラーニューロン(Mirror neuron)とは、
霊長類などの高等動物の脳内で
自ら行動する時と、
他の個体が行動するのを見ている状態の
両方で活動電位を発生させる神経細胞である。

他の個体の行動を見て、
まるで自身が同じ行動をとっているかのように
“鏡”のような反応をすることから名付けられた。

他人がしていることを見て、
我がことのように感じる
共感(エンパシー)能力を
司っていると考えられている。

 

 

ミラーニューロンと子育てとの結びつき


ミラーニューロンとは
簡潔にいうと
真似をする働きのある細胞です。

 

子育てと
どう結びついていると思いますか?

 

「親の背を見て子は育つ」

こんな言葉を
聞いたことがあるでしょうか?

 

 

そうです!!

 

 

子どもはあなたの行動を見て
育ちます。

 

それは意識してだけでなく、
無意識的にも
あなたの行動を
鏡に映し出したかのようにです。

 

 

良いことも悪いこと
あなたの行動を見て真似してしまうのは
ミラーニューロンの働きによるものです。

 

子育てに影響することが
お分かりいただけましたか?

ミラーニューロンの活用法

ミラーニューロンによる働きは
新生児のころから
備わっていると言われています。

特に3歳まで多くのことを
吸収しやすいのです。

 

なので、
あなたの日頃の行動に
心がけてほしいことがあります。

 

  • たくさん笑うこと
  • 様々な経験、体験
    見せたり聞かせてあげること
  • 経験、体験楽しむこと
  • 良くない言葉を使わない
  • 子どもに真似してほしくない
    行動しないこと

 

上記のようなことに意識しながら
あなた自身が行動をとることで
子どもへいい影響を与えること
できるでしょう。

まとめ


ミラーニューロンとは何か

理解できたでしょうか?

 

親は子供の鏡です。

 

それはいいこと悪いこと
影響することを
忘れないでください。

 

 

 

誰しもわが子には
幸せな人生を歩んでもらいたい
と思っているでしょう。

しかしまずは
あなた自身も幸せを感じましょう。

 

そして、
子どもの手本となるように
日々の行動や言動を
意識していってください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です