LINE@(ラインアット)からLINELIVE(ラインライブ)へ集客【LINEライバー必見】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2016年8月10日
ついにLINELIVE(ラインライブ)
個人開放されました。

今後イケてるLINEライバー
たくさん誕生してくるでしょう。

 

 

今回は
LINELIVEの視聴者数を増やすために
LINE@(ラインアット)から
LINELIVE(ラインライブ)
集客する方法をまとめてみました。

 

 

最初の頃は
LINELIVEの配信者が少ないため
LINELIVE内でタグ付けをしたり
ハートをたくさん押してもらい
ランキングにランクインすることで
視聴者数を増やすことができるかと思います。

しかし
配信者が増えることで
そう簡単にはいかなくなるでしょう。

 

 

外部からの集客が
求められるようになります。

 

LINEライバーの方。
是非読んでいってください。

関連:行列をつくるLINE@(ラインアット)作成所【作り方×使い方×集客方法】

まず、LINELIVE(ラインライブ)とは何か

ラインライブとは

LINELIVE(ラインライブ)とは
LINEが提供している
生配信可能な動画アプリです。

誰でも視聴することができます。
配信をする場合は
LINEIDが必要となりますが
LINEIDさえあれば
簡単に生配信することが可能です。

機能的には
ニコニコ動画ツイキャスに似ていますが
他にもSNOW風のLIVEスタンプ機能や
有料の「ギフトアイテム」という機能があります。

 

 

LINELIVEへの集客が成功することで
「ギフトアイテム」をもらえる可能性は高まります。

 

LINE@(ラインアット)からLINELIVE(ラインライブ)へ集客出来る?

ライブに集客できている

LINELIVE(ラインライブ)上でも
「タグ」を利用することにより
視聴者数を増やすことが可能ですが
そのやり方では限界があります。

たくさんの方にみてもらうためには
外部からの集客が重要となります。

 

そこで役に立つのが
LINE@(ラインアット)です。

 

他にも
TwitterやFacebookなどのSNSも
LINELIVEへの集客に
ものすごく効果を発揮します。

 

しかしその中でも
LINELIVEの集客に
1番効果を発揮するのは
LINE@(ラインアット)です。

 

なぜだと思いますか?

 

 

 

あなたなら
理解しているかもしれません。

 

そうです。
LINEのプッシュ通知が届くからです。

 

LINE@(ラインアット)と
FacebookなどのSNSには
大きな違いがあります。

それは

「ピロン!」

って届く
あのLINEプッシュ通知。

LINE@(ラインアット)集客の強みは
このLINEプッシュ通知を
活用することができることです。

 

LINE@の一斉送信機能を使うことにより
リアルタイムで訴求ができるため
LINELIVE(ラインライブ)への集客に
大きく貢献するのです。

 

LINELIVE配信直前に
一斉送信を送るのも有効ですが
事前に配信日を予告しておくことで
効果はさらに高まります。

 

 

LINE@(ラインアット)の集客力は強くなっている

緑色の右肩あがりの棒グラフ

現在
日本人のほとんどの方が
LINEを利用してします。

最近では
ハッシュタグ機能
タグ付け機能も加わり
タイムラインの拡散性が増したことで
LINE@の集客力は
どんどん強くなっています。

 

LINE@の友だち数が多ければ
LINELIVEへの集客も
スムーズにいきます。

 

是非
LINE@からの集客を
意識してみてください。

 

最後に

LINEライバー必見

LINELIVEへ集客する方法は
LINE@以外にもたくさんあります。

今後も増えてくるでしょう。

 

ただ今後についても
LINE@(ラインアット)から
LINELIVE(ラインライブ)へ集客する方法が
1番効果を見込めます。
そして
その流れは強くなります。

 

 

もちろん業種や目的により
1番最適な方法は
異なる場合もあるかと思いますが
LINE@の友だち数を増やしておくは
LINELIVEの集客以外でも
効果を発揮するのです。

例えば
LINEコマースなどの
ネットショップへの集客などにも

その集客力を利用できます。

 

まだLINE@を作成してないのであれば
無料で作成可能なので
以下の記事を参考に作ってみてください。

無料!LINE公式アカウント(LINE@)の作り方【作成方法から初期設定まで】

無料!LINE公式アカウント(ラインアット)の作り方【作成方法から初期設定までわかりやすく解説】

 

これから
LINELIVE(ラインライブ)で大金を稼ぐ
LINELIVER(ラインライバー)が次々登場します。

 

 

あなたも
挑戦してみてはいかがでしょうか。(*^^*)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です